オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

広汎性発達障害のお子様・この半年の成長

d0125551_17511344.jpg
 

この半年で、ある広汎性発達障害のお子様が非常に成長したという報告を受けましたので、ご紹介します。

関東北部の県から毎週通っている、A君は、5月末から施術を受けていますがここ最近は色々な嬉しい報告をご両親から聞いています。
例えば、
・新しい言葉がどんどん増えている。
 その場その場に適した言葉を発するようになってきているようです。
 「こんにちは」「さようなら」「バイバイ」「すみません」などは特に当たり前のように出てきているということで、言葉のやりとりももう少しでできるのではないかという期待が出てきましたとのこと。素晴らしい!

・感情が豊かになった。
 保育園に預けるとき、初めて「ママ~!」とお母さんを追いかけてきて泣いたとのこと。
 お母さんにとって本当に嬉しいことだったと思います。
 心の交流がなかなかとれないという事も気になっていたようでしたので、これは本当に嬉しかったのではないかと思いますね~。

・トイレに自分から行ききちんとできる回数が増えた。
 「トイレ大丈夫?行こうか?」と問いかけても、行かないときは大丈夫なようだし、行くときは自分から行くようになってきたとの事。

・家庭で行える発達検査をしたら、かなり良くなっていた。
テストの詳細はまたの機会に。

この他にも沢山あるのですが、このくらいにしましょう。

このA君は半年前、初めて来た時は上記のことはあまりできていなかったし、他の療法をしているわけでもないということですから、オステオパシーの調整が、彼の脳の機能を高める事に一役かったことは間違いないと思います。

今後、脳機能を高める精度が上がっていけば、このような喜びの輪がどんどん広がっていくと思います。乞うご期待!
[PR]
by ostetokyo | 2009-12-18 08:10 | 障害を持ったお子様 | Comments(0)