オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

お気に入りブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

人気ジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

飯田橋ギンレイホールでの映画鑑賞

飯田橋にある映画館「ギンレイホール」。
実はそこに、時々通っています。
小さな映画館ですが、名画中心のラインナップを揃えてくれているので、ここのファンも多いようです。
この映画館の魅力の一つは、年間たったの一万五百円で何回でも見放題の会員制度があること。
仕事場がある飯田橋ハイタウンからも三分ほどと非常に近いので、ちょっと時間が空いた時に行ってます。
飯田橋駅からも大体同じくらいの時間で来られますのでご興味のある方は是非。

で、最近見た映画で面白かったのは、邦画の「南極料理人」
八人の男たちが一年半もの間、南極の観測所で大気観測などの任務に当たるというストーリー。
しかも富士山よりも高い標高で、平均気温マイナス50度、生物はおろか、ウイルスさえも生存できないというもっとも苛酷な環境で男だけの生活。
周りには何もない。氷の大地と空しかない。女性もいない!
隊員たちが仕事以外にそこでやる事と言えば、日本から持ってきたドラマのビデオを見る事と麻雀、漫画、晴れた日は雪原で野球、くらいしかない単調な毎日。
主演の堺雅人が演じる料理人が作る本格的な料理が男たちの数少ない楽しみの一つになっているのだが、食べることがなけりゃ何を楽しみに生きたらいいんだ!と、ああいう環境になれば思うんだろうな
と思いました。
描かれている男たちがどことなくぶきっちょで、なさけなくて、滑稽で、カッコ悪い。
でも、だから面白いんでしょうね。
また見たいなと思えた映画でした。
[PR]
by ostetokyo | 2010-01-21 20:30 | あれこれ