オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

やさしく触れる事の効用

頭蓋オステオパシーや、オステオパシーの誇張法と呼ばれる手法では、非常にソフトなタッチでクライアントに触れます。

何故か?

それは、ソフトに触れる事で、より細かい層の違いを感じられるからです。
強い力で触れると、すぐに深い層まで力が達してしまい、その途中にあるかもしれない組織の変化に気づけない可能性が高いのです。
また、ゆっくり、優しく触れる事で、身体の防御反応を最小限に抑えられるという利点もあります。
さらに、怖くないという心理的な効果もあります。

昨日、来院した方の仙骨に、非常に優しく触れていると、ある部位で、身体がビクッと反応するポイントがありました。
神経や組織の緊張や過敏が起きている部位は、ピンポイントで触れると、そういった反応が出る事があります。
その部位がリラックスするように、骨の動きを感じながら、微細な力を用いて、骨の動きたい方向についていってあげます。
その方法で、骨も、骨の中の神経も、関係する内臓も、良い影響を受けると言われています。

強い力は良くないということではありません。
そういう方法が効果をあげることもありますし。

でも私は殆どの場合、微細な力で行う施術を好みます。
ゆっくり、優しく、という方法が私の場合はやり易いのです。
[PR]
by ostetokyo | 2011-01-06 10:04 | オステオパシー | Comments(0)