オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

お気に入りブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

人気ジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

オステオパシー:杉山先生の「カウンター・ストレイン」脊柱編に出席しました。

d0125551_113233.jpg

 昨日、私が所属する、日本オステオパシーメディスン協会の講師である、杉山先生の「ジョーンズ先生のS-CSテクニック」セミナーに出席した。
以前から出たかったセミナーなのだが、なかなか出席できずにいた。
S-CSテクニックとは、Dr. Lawrence Jonesが発見、発展させた「Strain & Counter Strain(ストレイン&カウンター・ストレイン)」の事で、慢性的な身体の痛みを、解消させるテクニックです。
施術に際してはまったく痛みがなく、長年抱えていた痛みが軽減するようなポジションに体を持っていきますので、患者さんも安心しやすいという利点があります。

本当に数年前から出たかったのだが、結局出れずにいたんです。
もう10年以上前に、茨城県のS先生から少し教わってはいたのですが、本格的なセミナーに参加するのは初。

私は何事もそうなのだが、行動に移すまでに、時間がかかるんです。
やり始めると、すっと動けるのだが。

さて、杉山先生ですが、私よりも10歳も若いのですが、実にしっかりしている男です。
オステオパシーに対する情熱は強く、熱血漢で、オステオパシー教育に真剣さを感じる。
出し惜しみはせず、得た知識は惜しみなく出そうとする。
それが自分の成長につながるのだと、以前飲みながら話していたのを覚えています。
サッパリしているし、男気を感じます。

彼の講義の進め方も非常に素晴らしく、細かい注意点まで解説してくれた。

これが身につくまでには時間がかかるかもしれないが、長期熟成させたいと思ってます。
[PR]
by ostetokyo | 2011-04-11 11:33 | オステオパシー