オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

生玄米で腸内環境改善

d0125551_22345296.jpg

最近、当ブログで紹介したように、テネモス国際環境研究会の存在を知り、そこで教えているペットボトル空気清浄器や焼き塩を試したりしてきました。

 先日のキャンプにも自然塩と無水エタノールを持っていき、焼き塩を作り、野菜や果物を浄化したりと試してきました。
ブドウは焼き塩水にしばらくつけると、とんでもなく美味しくなり、感動!

自然の叡智の素晴らしさよ!
こういう自然を活かした方法が私は大好きなんです。

 そしてその流れで、今度はネットで知った飯山一郎という人が提案している「生玄米食」に出会いました。
それを試すべく、先ほど空き時間に玄米を購入してきました。

説明によれば生玄米を30分〜1時間ほど口の中でふやかし、できればそれを一粒ずつゆっくりと噛んでいくと良いとのこと。

飯山先生は生玄米を唾液でふやかす事により、「もろみ」になり、それが腸内で膨大な数の微生物(腸内の善玉細菌)になると説明しています。

これを実践していけば健康になり、かつ痩せられるかもしれない。
そして、経済的にもいいですよね!
これは試す価値ありですよ!

(*放射性物質を避けるためには昨年度のものを選ぶなどした方が良いかも。)

玄米に農薬がついてる可能性もあるから、上記の焼き塩水でしばらくつけてから食べると更にいいでしょうね。

ちなみに飯山先生は、米のとぎ汁を発酵させ、豆乳と混ぜた豆乳ヨーグルトも薦めているようだ。
これはちょっと高度かな?
[PR]
by ostetokyo | 2011-09-22 22:34 | 自然派生活