オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

自閉症のお子様に対するオステオパシー、最近の症例

d0125551_19553275.jpg

A君は3歳男児で、言葉の発達が遅く、こだわりが強い。
そしてかんしゃくも少し強い子です。

今年9月から月二回ずつオステオパシーを受け、段々と変化が出てきましたとのご報告を受けましたので、ご紹介させていただきます。

簡潔に列挙しますと、
(一回目終了後)
・指示が良く通り、以前より言葉を理解できるようになった。
(二回目終了後)
・指先が少し器用になってきた。
・興奮して騒ぐ事が以前より少なくなった。
・オモチャのプラレールを自分で初めて操作しようとした。
・療育の先生や他の大人にも甘える素ぶりを見せるようになった。
(三回目終了後)
・苦手な食べ物を食べられた。
・座っていられる時間が増え、他の子が立ち歩いていると、逆に指をさして教える事があった。
・外に出る事が苦でなくなってきた。(ご両親)

A君はまだ四回しかオステオパシーを受けていませんが、確実に変化してきています!

勿論、発達の遅れを完全にクリヤーできるという訳ではないかもしれません。
でも、お子さんの落ち着きが増し、言葉の理解が増えると、ご両親の心配も格段に減るんです。
指示が理解できるようになり、子供も気持ちを表せるようになると、親子の絆も深まるんです。
そこに計り知れない価値があるんです。
[PR]
by ostetokyo | 2012-10-24 19:10 | Comments(0)