オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

なんちゃって”リビングフード”

 親友の光田菜穂子さん(テンプル・ビューティフル社長)のブログに、よく見かけるのがRawFood(生食)に関する話だ。
彼女は自然食に非常に興味を持っており、日常の食事に当たり前のように取り入れていて、今ではその筋ではかなり「語れる人」になっている、と私は思っている。
彼女のすごいところは、その食事を嫌々ながら健康のために食べているのではなく、本当においしいと思っているから食べているという点だ。
自分には絶対まねできないし、もともとそのような食生活に挑戦しようなどとも思わないたちだ。

 ・・・けど、先日の光田さんのブログに載っていたLivingFood協会で出た食事の画像を見たら、結構おいしそうに見えた。
ついでに日本リビングフード協会のHPも見たら、これまたおいしそうな画像がいっぱい。
生食には酵素がいっぱい、生きた食事だから生命力があると。フム。

 よっしゃ、完全には無理だが、ちょっと真似してみよう!と昨日、思いついた。
わが美洸の近くには、楽楽市という地元野菜を売っている店があって、よくこの店で野菜を買っている。
この野菜屋さんでは、ケイシーも勧めるキクイモも今の時期だとビニールに入って売られている。(キクイモは糖尿病の人にいいとケイシーは勧めている。キクイモのイヌリンという成分が膵臓などを活性化するらしい。ちなみに私は糖尿病ではありませんが。)
からし菜、ワサビ菜、山形菜など、あまり聞いたことのない野菜も手に入る。
10月はこの時期しかとれないという中国の高級野菜も安いお値段で売っていた。
結構楽しめる店が近くにあるのだ。

で、昨夜はそこで買った人参とキクイモ、生姜をすりおろし、カレー粉と塩を少し振って食べてみた。
予想に反してそれほど違和感がない味になった。
キクイモを生で食べるとどれだけまずかろうと思っていたのだが(笑)。
うんうん、きっとこの酵素が腸の中でいい働きをするに違いない。

 それで、今日のお弁当にもプチリビングフード。
のり弁当のおかずに、人参とキクイモと生姜をすりおろして混ぜ、そこにさらにシーチキンを油をよく抜いてからまぜて、鎌田の低塩醤油をかけておしまい。
カレー味とはまた違った美味しさだった。

 完全なリビングフードはできないけど、この位だったらできるかな。
こうなったらフードミキサーも買って、青汁のようにして飲んでみたくなってきた。

お弁当画像は恥ずかしくて写せませんでした。(笑)
[PR]
by ostetokyo | 2007-12-08 19:47 | 健康 | Comments(0)