オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

私の愛読書

d0125551_1755124.jpg

 たまには私の読んでいる本について書いてみましょうか。
私は人間関係で行き詰まった時に必ず読み返す本があります。
翻訳本で、原題はHow to have confidence and power in dealing with people」といい、昭和33年初版の本で、直訳すると「人々と良好な関係を持つことでいかに自信を持つか」という題なんですが、邦題は「新・人心操縦法」などという誤解をうみかねない題名になっています。
古い本ですが、今でも十分読める本です。
時代が変わっても人間の本質は変わらず、全ての人が自分を大事にしたい、大事にされたいと思っているわけです。
それを基本として相手を大事にする姿勢は、いつの世でも重要なんでしょう。

 これを93年6月11日に古本屋さんで100円で買いました。もう15年前ですよ!
(当時は本には購入した日付を記入する習慣があったんです。)

ボロボロでカバーも切れたからセロテープで貼ってあります。色も茶色に変色しています。
汚らしくなってはいますが、私にとってこの本くらい貴重な本はありません。
この本くらい何度も読んでいるのはありません。何度も何度も読み返しています。

 結局、人間は一人では生きられず、他の人との関係作りが人生の質を決めるんですね。
それをこの本が私に教えてくれています。

人間関係を良好に円滑にすることは、全ての人間の永遠のテーマなんでしょうね。
[PR]
by ostetokyo | 2008-04-08 17:05 | あれこれ