オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

アーユルヴェーダ ~生命の科学~

 今日は、アーユルヴェーダについて。
アーユルヴェーダは、インドの伝承医学です。
世界的に見ても、最も最古の医学といえるでしょう。
身体と心、魂までも扱う医学であり、現在のホリスティック医学に近い医学であると思う。
食事療法や薬草学、オイルマッサージ、指圧のようなマルマ療法、ヨガのような体操法、瞑想、その他人間に必要なあらゆるものがアーユルヴェーダには含まれている。
オステオパシーとアーユルヴェーダを組み合わせると、非常に素晴らしいものができるのではないだろうか。
私がアーユルヴェーダを知ったのはもう20年くらい前だが、奥が深いので、まだまだ勉強が必要だ。しかしオステオパシーもそうだが、アーユルヴェーダも一般の人に優しい自然医学だからこそ、いつまでもつきぬ興味が湧いてくる。
正直、現代医学は権威的で自然から遠ざかっているようなところがあまり好きではないのだが、アーユルヴェーダには哲学的または自然信仰的な側面があり、そこが好きなんですね~。

【アーユルヴェーダの体質論】
 アーユルヴェーダは、人間には3つのドーシャ(体液・エネルギー)というものがあると説く。
ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)の三つである。
それらは人により、強弱のバランスが違う。そのバランスの傾向を調べ、体質診断をする。
体格的にはヴァータ優位の人は痩せ型で背が高いか低く、ピッタは中くらいで発達しており、カパは大柄で頑丈、やや肥満しやすいタイプ。

 私の場合は、今は、ピッタとカパが優勢かな?(ピッタ・カパ体質)
ピッタの特徴を挙げていくと、肌は血色が良くつやがあり、温かく油性。髪も細く油性。歯茎に出血傾向。関節はゆるい。血行は良く、食欲は旺盛またはありすぎ。汗は沢山かくが、すぐに引く・・・などと、ほとんど自分の状態とマッチしている。
カパの性質はなんでもゆっくり傾向。睡眠も多く必要で、病気は肺・呼吸器系が弱い。
これも自分的にはマッチしている。
興味深いな~。

 アーユルヴェーダでは体質別に食事法、体操法、日常生活の過ごし方などもあるわけです。
だから施術での診断や、アドバイスにも大いに使えますね。

 そして、今、アーユルヴェーダのマルマ療法がマイブームです。
身体各所のエネルギー・スポットへの指圧・押圧療法で、全身のエネルギー循環を高めるものですから、これとオステオパシーの組み合わせは絶対効果大!です。
[PR]
by ostetokyo | 2008-04-15 00:42 | 健康