オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

お気に入りブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

人気ジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

障害を持つ人を社会がどう支えるか

最近、こんな事を考える。
日本がもっと精神的に豊かになり、制度のみでなく一個人に至るまで、福祉に手厚い国になれないかと。
人はいつ自分が障害を持つ身になるかわからないし、産まれてくる我が子にハンディキャップがあるかもしれない。
しかし、いつでも誰にでも助けがあり、支えがある。
そんな社会を目指せないだろうか。

以前、アメリカに行った際、ある肢体不自由のお子様の車椅子を押してカフェに入った時、見ず知らずの男性(メキシカンに見えた)が我々を見て、プレートを持つ手伝いをしてくれた。嬉しかったと共に、自分もこういった良い点は学びたいと思ったものだ。
アメリカが最高という訳ではないのだろうが、しかしやはりアメリカは社会制度的にも進んでいるように思います。
例えば自閉症のお子様には育児の専門家が毎日配属され、肢体不自由児にはほぼ毎日の理学療法や作業療法が受けられるなどがあると聞きました。(もし間違いや付け足す点があったら教えてください。)
現状の日本では、家族にかかる負担が大きく、実際、悲鳴をあげている家庭も少なくない。
社会的サポートがまだまだ少ないと思います。
日本も更に高福祉を目指す方向に進んで欲しいと切に思います。
[PR]
by ostetokyo | 2008-07-25 02:40 | 障害を持ったお子様