オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

お気に入りブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

人気ジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

(有)テンプル・ビューティフル主催・奥谷啓介氏講演会

 今日、友人である光田奈央子の(有)テンプル・ビューティフル主催で、アメリカ・ニューヨークにあるプラザホテルで10年間マネージャーをしていたという奥谷啓介氏の「豊かで優雅な人生を作り出す12の秘訣」という講演会に行ってきました。
奥谷氏のホームページはこちら

実は、テンプル主催の講演会に出るのは今日がはじめて。光田さん、ごめんなさい。

 話はと言うと、これがすごく面白かった!
途中、話が何度も脱線するのですが、その脱線も非常に上手で、本筋の内容を乱すことなく、かえって飽きさせず興味を引くトークで、さすが接客・トークで相手をもてなすプロ、という感がありました。
私の仕事も接客・サービス業とも言えるので、見習わなければと思うところが随所にありました。

 話の中で、日本は先進国の一つであるはずなのに、なぜこんなにも沢山の自殺者が出るのか、なぜ満たされない思いを抱える人が多いのか、日本社会の枠組みや国柄、習慣・・・ニューヨークに長年住み、日本を客観的に見てきた奥谷氏ならではの話は非常に興味深く、あっという間の2時間でした。
丁度、日本と日本人は良いところは多いのだけど、なぜか生きにくさ、生きづらさがあるのはなぜだろう、と思うことが私自身多かったこの時期だったので、まさにグッド・タイミングでした。

 いくつか書き留めた講演内容をご紹介しますね。
・アメリカの学校では、答えよりもどうやってその答えを導き出したかのプロセスを重視する。
 どうしてそう考えたのか、なぜそう思うのか、と過程を重視するので、考える力もつく。
・リーダーシップとは、自分の判断で正しいか正しくないかを判断し、人を導く能力である。
 また、人を迷わせないことも重要なリーダーシップの要件。
 下を育てられない人間も上司の資格がない。
・日本は個性を育てない教育をしている。会社も何も知らない人間をほしがる。
 アメリカでは大学教育で即戦力のプロを育てる。どの大学で何を学んだかということが非常に重要。
・日本は年功序列というものがまだあり、危機感が薄く甘えがでやすい構造を持っている。
 危機感を持つこと!
・・・等々、非常にためになるお話をいただけました。

 このような講演会を行っていただき、光田さんとテンプル・ビューティフルに感謝! 
[PR]
by ostetokyo | 2009-04-23 01:57