オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

2017年 05月 10日 ( 1 )

骨折後の関節の硬さへの施術

d0125551_17221492.jpg
先日、二回目の施術に訪れた40代女性の話をします。

彼女の左肘は、昔、骨折した際の手術後の固定術で硬くなり、関節の動きも悪くなっていました。
また、左右の肘の角度は違っていました。
肘の動きの悪さは手首や肩、首にも影響していました。

一回目の施術で、その肘の関節周囲の硬さを丁寧にゆるめていきました。
以前も書きましたが、骨はただ硬ければ良いのではなく、硬さとしなやかさ、外力に耐える柔軟性が必要なんです。
そして、硬くなってしまった骨・関節であっても、調整してあげればかなり柔軟性が戻ります。

初回の施術後、肘の動きは初めより良くなり、肘の角度も少し良い側に近くなったと報告を受けました。
今回もその手を指、手根骨、手首、肘、肩と施術していき、特に肘関節周囲をゆるめていきました。
結果、さらに肘の角度や動きが良くなり、全体的に良好になりました。

どの骨であれ、どの関節であれ、適切なケアーをしないと硬くなる傾向があります。
しかし、オステオパシーで丁寧に施術すれば、骨もしなやかになってきます。

40代でも、かなり古い傷があっても、適切な施術をすれば、生きている人間の骨は必ず良くなろうとします。(追記:完璧に骨折前の状態に戻れるという事でもありませんが、より良くなろうとします。)
骨や靭帯、筋肉、神経等に丁寧に施術していく必要があります。
[PR]
by ostetokyo | 2017-05-10 17:23 | オステオパシー