オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

カテゴリ:未分類( 49 )

アレルギー

今日、あるお客様とアレルギーについて話しました。

その方は、アメリカの会社の遅延型アレルギー検査を受け、卵がアレルゲンだとわかったそうです。
とりあえずは卵を少し控えてみる所から始めてみるとおっしゃってました。

僕はただでさえアレルギー持ちなので、きっとちゃんと調べたら、出るわ出るわ、という感じになるかも。

でもテニスのジョコビッチのように、食事からアレルゲンを除去していったら、どうなるのか、興味深い。

アレルギーを学ばねば。
[PR]
by ostetokyo | 2015-06-11 22:06 | Comments(0)

テニスと肉体改造、栄養学

d0125551_1051461.jpg

現代テニスは、コートでボールを打つ時間と同様に、トレーニングに重きを置いているようです。

長時間の試合に耐えうる体力、瞬発力、パワーを養う事が重要と考えられています。

また、栄養学、心理学、ビジョントレーニングなども重要とされています。

世界No.1のジョコビッチ選手は、グルテンフリーの食事を徹底し始めてから、より成績が伸びた事はよく知られています。
「ジョコビッチの生まれ変わる食事」という本を彼は書いています。
僕も読んでみようと思っています。

実は、僕はかなりのアレルギー持ちなんです。
食べ物では小麦粉、甲殻類、トロロなどにアレルギーがあります。

食べ物以外では、ダニ、ホコリ、花粉、犬猫などがあります。

今までは、少しだけそれらアレルゲンを避けてはきました。
でもユルユルですが。

昨年6月から、テニススクールに通い始めましたが、約25年のブランクがあり、当時より20kgは増えた体を動かしながらのテニスですから、大変です。
しかし、やり始めるともっと上手くなりたいという欲求が強くなってきました。

折角ですから、ジョコビッチみたいに食事を変えて、肉体改造をしてみたい‼︎

でも、何せ食べるのが好きなので、食欲に打ち勝つというのは、かなりの努力をしないと無理でしょうね〜。
[PR]
by ostetokyo | 2015-06-10 09:52 | Comments(0)

ワーク・ライフバランス

d0125551_10214384.jpg


皆様、おはようございます。
さて、タイトルにワーク・ライフバランスと書きました。

仕事は重要ですが、仕事のみになりすぎてはいけないですよね。
仕事ばかりしていると、ヘトヘトに疲れ果て、ついには慢性疲労状態になり、病気になるかもしれません。

日頃から、仕事も勿論頑張るけれど、でも自分の時間を大事にし、家族とも一緒の時間を過ごし、自分の人生自体を楽しむ時間も持つことを意識していかないといけませんね。

適度に遊びもいれましょう!
[PR]
by ostetokyo | 2014-11-07 10:11 | Comments(0)

「家庭画報」5月号にて藤原美智子さんを治療している様子が掲載されました!

d0125551_1102143.jpg
 

皆さん、こんにちは!
大変遅れましたが、実は私、あの女性雑誌「家庭画報」4月1日号(5月号)に掲載されました。

多くの女性の憧れの的、藤原美智子さんが当院に来院し、オステオパシーを体験するという企画でした。

美を長年にわたり追求してこられた藤原美智子さんに対し、はたして私のオステオパシーが通用するのか不安でしたが、骨と脳からのアプローチはやはり初めてだったようで、満足のいく結果が出せました。

藤原さん、本当にお綺麗な方でしたよ!

オステオパシーは脳を元気にし、皆様の健康を高めるとともに、美容効果も期待できる画期的な療法です。
是非、周りの人にもお知らせください。(^-^)
[PR]
by ostetokyo | 2014-04-22 11:12 | Comments(0)

東京オリンピック、パラリンピック2020決定‼

おはようございます!
今朝早く起きてニュースを見たら、オリンピックが東京に決定したという喜びのニュースを報じていました。
素晴らしい‼ *\(^o^)/*

得票数も、圧勝と言って良い結果だったそうで。
イイねイイね〜!

あの決定の瞬間の喜びの顔、顔‼
何人もの関係者が泣いていたな。
いい涙だな〜。
ネットニュースでは、号泣する松岡修造さんの画像が取り上げられ、「さすがだ」「ワロタwww」「アツイ」との声が上がっていた。(^.^)

前回の東京オリンピックの年に産まれた自分としてはとても嬉しい‼

とにかく東京オリンピック決定は良い事です!
今から楽しみ‼
[PR]
by ostetokyo | 2013-09-08 09:21 | Comments(0)

昨日の竜巻の被害、大きかったようですね。

皆さん、こんにちは。
火曜日で休みをいただいております。

昨日の埼玉・千葉県の竜巻は凄かったみたいですね。
これから天災や異常気象が増えていくかもしれないし、災害対策の情報を収集して、いざという時のために備えないといけないですよね。

先日、FM波地震観測法の研究者が、近いうちに地震の可能性ありと言ってたみたいですし。

皆様、一応、身を守る準備をしておきましょうね。
[PR]
by ostetokyo | 2013-09-03 09:55 | Comments(0)

解剖見学が終わり、仕事へ。

先程、千葉大医学部での解剖見学が終わりました。

先生方の丁寧な解説で、細かい所まで見させていただき、実際に触れる事も出来たので、大変勉強になりました。

今日の学びの場を用意してくださった多くの皆様に感謝します。

この学びを日々の施術に活かしていきたいと思います。
[PR]
by ostetokyo | 2013-09-02 12:14 | Comments(0)

これからTwitterみたいな短文で更新しようと思います。

振り返ると、またもやブログを更新してない日々。
長い文章、少しでもしっかりした文章を書こうとすると結局書けなくなる。
これからは、仕方ないからTwitterみたいな短文で更新しようと思います。

今、千葉駅からバスで千葉大医学部まで移動中です。
普段行かない街に行くとウキウキするな〜。
[PR]
by ostetokyo | 2013-09-02 07:17 | Comments(0)

静岡県富士宮市の療育学校ほおずきにて。

去る7月27〜28日は、静岡県富士宮市の療育学校ほおずきに伺い、発達の遅れを持つお子さんたちに対する療育法のシンポジウムに発表者の一人として参加してきました。

私は昨年11月からほおずきさんに月一回伺い、お子さんたちに施術しています。
その成果を話させていただきました。

例えば、言葉も殆どなく集団行動も苦手だったある自閉症のお子さんも、オステオパシーを受けてから挨拶をできるようになったり、グループでの音楽療法に参加できるようになったり、かなりの成長を見せてくれた例。

また、手先が器用になったお子さんや、多動が減ったお子さん、偏食が減り食事量が増えたりと、オステオパシーを受けてから変化したお子さんたちの話をしてきました。

2日間にわたるシンポジウムでは、下記の素晴らしい先生たちの話も聞けました。
・ブレインジム
・リズミックマッサージ
・ビジョンセラピー(オプトメトリー)

ブレインジムは、簡単な運動により脳や神経の発達を促す方法です。

リズミックマッサージは、お子さんたちの心身をリラックスさせる方法です。

ビジョンセラピー(オプトメトリー)は、眼科医とは別の職種で、視覚機能物を高める方法です。

今回集まった脳や神経系を発達させる専門的な方法は本当に効果的であるにもかかわらず、まだまだ知られていません。

もっと宣伝していかねば!
[PR]
by ostetokyo | 2013-08-05 09:24 | Comments(0)

オステオパシーの専門校、スティル・アカデミィ・ジャパンの症候学に出席中。

d0125551_2372456.jpg
こんばんは。
今日と明日の土日は、臨時でお休みをいただきまして、オステオパシー専門校、スティル・アカデミィ・ジャパンの症候学の授業を受けてます。
休んでしまってすみません。

今日の授業はまたまた濃かったですよ‼
オステオパシーは関節の問題も扱いますが、例えばリウマチだったらどうするか、スポーツ障害の関節炎だったらどうか、感染性によるものだったらどうか、など、病態による違いと考え方、対処法などを学びます。

今回の講師はフランス人のメディカル・ドクターでした。
ドクターであり、オステオパスD.O.である先生に直接習えた事は一生残る財産です。

知るたびに知識の曖昧さがなくなり、現代医学的な考え方も学べ、かつ、現代医学でも他の療法でもわからない対処法を学べ、実践に使えるのは、オステオパシーの醍醐味です。

骨や筋肉、皮膚、靭帯、腱、神経、内蔵、健康な組織や悪くなってる組織、うっ血や打撲など、それらを教科書でわかるだけでなく、手で触れてわかるようにし、ウィルスが入るとどうなるか、外傷ができるとどうなるか、栄養不良でどうなるか、そういった事柄を勉強する「オステオパシー医学」なんです。

正直、勉強する時間を作るのも大変ですが、皆、喜びながら通ってきています。

今日も講義が終わってから、皆で食事を共にしながらオステオパシーを学べる喜びを語り合いました。
この素晴らしいオステオパシーを広めていこうと。
(画像はスティル・アカデミィ・ジャパンの最年長、70歳を超えるU先生。日本のオステオパシー業界では超有名なU先生も70歳を超えても尚、更に上を!と学んでるんですよ!)

[PR]
by ostetokyo | 2013-07-13 22:19 | Comments(0)