オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

カテゴリ:未分類( 49 )

オステオパシーの専門校スティル・アカデミィ・ジャパン二日目が終了。

d0125551_21114812.jpg

昨日、スティル・アカデミィ・ジャパン第二期生の初の授業が始まった。
期待通り、相当、高度な内容だった。
皆、頭の中がパンクしそうな顔で二日目が終了。
今回の講師、A.T.S.A.学長のランブルー先生も生徒に情熱を持って教えてくださっている。
時に冗談を交えながら、しかし高度な知識と診断技術を解説してくださっていた。
きっと、一生忘れない宝のような想い出になるんだろうな。

こうやって無理やり勉強する環境にならないとなかなか勉強なんて出来やしない。
これから、解剖学の書籍を読み、それを絵に描き、頭の中で実際の動きを視覚化し、技術につなげていくという作業をどれだけ実行出来るか。

オステオパシーを深めるためには、そこは避けて通れない道なので、一歩一歩確実に進んでいきたいと思う。

でも、苦でなく楽しいんだから、きっと未来は明るい!

明日も楽しんでいこう!
[PR]
by ostetokyo | 2012-12-01 20:40 | Comments(0)

オステオパシーの専門校、スティル・アカデミィ・ジャパンの入学式に出てきました。

d0125551_1354490.jpg

昨日は自分にとって、とても重要な日でした。
オステオパシーの専門校、スティル・アカデミィ・ジャパンの入学式に出席してきました。

式にはフランス・リヨンのATSA学長であるジャン・ランブルー先生、原田会長、緑川理事、杉山理事、一期生の牛山先生などがいらっしゃり、祝辞もいただきました。

これから大変な日々が始まりますが、楽しんで進んでいきたいと思います。
[PR]
by ostetokyo | 2012-11-30 13:53 | Comments(0)

自閉症のお子様に対するオステオパシー、最近の症例

d0125551_19553275.jpg

A君は3歳男児で、言葉の発達が遅く、こだわりが強い。
そしてかんしゃくも少し強い子です。

今年9月から月二回ずつオステオパシーを受け、段々と変化が出てきましたとのご報告を受けましたので、ご紹介させていただきます。

簡潔に列挙しますと、
(一回目終了後)
・指示が良く通り、以前より言葉を理解できるようになった。
(二回目終了後)
・指先が少し器用になってきた。
・興奮して騒ぐ事が以前より少なくなった。
・オモチャのプラレールを自分で初めて操作しようとした。
・療育の先生や他の大人にも甘える素ぶりを見せるようになった。
(三回目終了後)
・苦手な食べ物を食べられた。
・座っていられる時間が増え、他の子が立ち歩いていると、逆に指をさして教える事があった。
・外に出る事が苦でなくなってきた。(ご両親)

A君はまだ四回しかオステオパシーを受けていませんが、確実に変化してきています!

勿論、発達の遅れを完全にクリヤーできるという訳ではないかもしれません。
でも、お子さんの落ち着きが増し、言葉の理解が増えると、ご両親の心配も格段に減るんです。
指示が理解できるようになり、子供も気持ちを表せるようになると、親子の絆も深まるんです。
そこに計り知れない価値があるんです。
[PR]
by ostetokyo | 2012-10-24 19:10 | Comments(0)

しば漬と乳酸菌と免疫

d0125551_8294825.jpg
 
 さっきyahoo!を見ていたら、サントリーの広告で「プロテクト乳酸菌」というしば漬から作った乳酸菌による免疫力アップというのを発見。
サントリーさんはしば漬の手法を上手に活用し、乳酸菌の商品を作っているようですね。
乳酸菌がインフルエンザ予防に効果的であると。フムフム。そうですよね。
最近、乳酸菌の話によく出会うな~。

でも、商品もいいけど、しば漬を作っちゃうのも一つの手です。
しば漬けで検索すると、作り方を解説しているブログが出てきました。
Wikipediaの中の外部リンクにあります。ここです。
作ってみようかな。

インフルエンザの予防にも自然の力を利用して備えたいですね。
[PR]
by ostetokyo | 2012-01-19 08:29 | Comments(0)

症例紹介:顔面の痙攣にもオステオパシー!

d0125551_7553719.jpg
 以前にもご紹介しました方のお話。
症状:顔面(右)の痙攣が25年間、毎日止まらない女性(73歳)

この方はオステオパシーに賭け、毎月二回来院しオステオパシーを受け続けました。

身体を調べるとこの方は骨盤や脊柱、肋骨、手足、頭蓋骨も顔面骨も全てが硬かったのです。
顔面の痙攣が主訴ではありましたが、それこそ全ての硬い部分を少しずつ少しずつ手で調整し和らげていきました。

最初のころは「気持ちいいです」という感触と、「何となく頭が軽いです」くらいの感想でした。

毎回毎回、調整を重ねていったのですが、ある日は手の指の調整をしている時、
「指を調整しているのに顔が楽になってきます!」
と仰られた事もありました。

またある時は胸郭を調整している時に「痙攣が止まりました」と仰ることも。

勿論、毎回頭蓋骨には多くの時間を割き、やさしく、丁寧に調整を重ねました。

そして現在、ご本人の体感では最初の状態を10とすると今は3以下だそうです。

毎日の顔面の痙攣が3以下になるという事は、ご本人にとって本当に嬉しい事だと思います。

オステオパシーは、手の調整により身体の治す力を引き出していきます。
オステオパシーを是非、お試しください。
[PR]
by ostetokyo | 2011-09-04 07:55 | Comments(0)

有)テンプル・ビューティフル15周年記念講演会に参加。

d0125551_0233311.jpg

 友人の光田奈央子さんの会社、(有)テンプル・ビューティフルの15周年記念講演会に7月3日の夜、出席させていただきました。
ゲストスピーカーには、歌手のサンプラザ中野くんさん、NPO法人日本エドガー・ケイシーセンター会長の光田秀さん。
自分は仕事だったので、第三部からの出席。

サンプラザ中野くんさんは、最近はホメオパシーの仕事をしたり、甲田西式療法も取り入れ、菜食主義者にもなられているそうな。
肉や魚は食べず、野菜や穀物、大豆製品、果物などを食べているということでした。
ヴィーガンという野菜中心食を目指しているそうな。私自身は何でも食べる人なんで、すごいなと思う。
歌手である彼が何でそんなに健康志向?と思ったのだが、お話を伺っていたら、中野くんさんの祖父は野口整体の野口晴哉先生とも直接のお知り合いだったし、なんとオステオパシーの治療院を作ろうとしていたのだが、残念ながらその前に亡くなられてしまったということで、そのDNAによるものなのだろうか。

その後の懇親会にも参加させていただき、極上の健康食をいただきました。
肉や魚を使わない食事でもとてもおいしかった。
詳しいレシピはごめんなさい。メモって来なかったので書けません。

テンプルの催しだけあって、参加者もバラエティーに富んでおりました。
たま出版の韮澤氏、キネシオロジーの斎藤慶太ご夫妻、「1/4の奇跡」の監督である入江富美子氏、などなど。
様々な面白いエピソードを聞かせていただきました。

おかげさまで素晴らしい時間を過ごさせていただきました。
光田さん、感謝します。
[PR]
by ostetokyo | 2011-07-05 00:25 | Comments(0)

頭が重い人・・・首や肩のコリにもオステオパシー。

d0125551_0234353.jpg
 
今日も、頭が少し大きくて、重くなっている人がいらっしゃいました。
その重い頭を細い首が支えているので、首や肩、背中は大変な労働を課せられているわけです。
だから首肩が凝らないわけがない。
そのコリを解消する方法として、オステオパシーの頭蓋骨調整があります。

まず、オステオパシーでは、頭蓋骨を緩め、脳脊髄液の流れを促進すると言われている、ある施術をします。
カチンカチンになっている頭を緩めるところから始めます。
非常にやさしい力で頭に触れ、頭蓋リズムという頭蓋骨の動きが出てくるように、誘導します。
しばらく辛抱強く触れていると、頭が少しずつ和らぎ、より頭が軽くなってきます。
そして、その状態を促進し、脳脊髄液の流れが更に良くなるように、内部の動き(頭蓋リズム)に手を同調させます。
すると、段々頭がスッキリとしてきます。

次に頭以外の場所にも触れ、硬い部分を和らげていきます。
そして、全身の調和を深めていきます。

施術が終わった後、殆どの人が「頭が軽くなったし、首肩こりが減りました。首も楽に動かせます。」と仰います。
伝統的な療法のようにコリをほぐすのとは違いますが、オステオパシーの頭蓋骨調整などによって、長年の首・肩こりがかなり楽になる事が多いのです。

首肩こりに、頭蓋骨からのアプローチがあるのだということを、日本全国の首肩こり持ちの皆様に知っていただきたい、そう思っています。
[PR]
by ostetokyo | 2011-02-17 00:40 | Comments(0)

「毎日、頭痛薬を飲み続けた生活からついに解放されそうです。」

d0125551_5274290.jpg

 昨年後半からオステオパシーを試し始めた50代の男性。
ほぼ毎日、頭痛薬を手放せないほどのひどい頭痛持ちでした。

その方の頭の硬い事、重い事!
首や背中もその反射でパンパンに張っていました。

当然、まずは頭を解放して行きました。
常にやさしく、頭部の循環を高めていきます。
その方法で頭が楽になる事が、ご本人もすぐに「わかる」と言います。
勿論、最終的には全身の調整も行いますが。
施術が終わると、首や肩がとても楽になる、と仰っていました。

そういった施術を行っていたら、最近は頭痛薬を飲まなくていい日が増えてきたそうです。
まだ4回ほどしか受けていない状態で、頭痛の回数が減ってきたわけです。
すぐにゼロにする事はさすがにできませんが、徐々にでも減ってくることは、やはりいいものです。

毎回、思うのですが、頭部の循環は、自然に任せているだけではうまくいかない場合も多いようです。
でも、このオステオパシーの頭蓋骨調整により、頭部の循環が高まり、脳脊髄液の流れも変わり、脳の栄養状態が良好になるとされています。
そして、それにより脳が元気になり、頭痛が軽減される事が多いのです。

皆さんも長年にわたる頭痛、苦しい時間、楽しめない時間、これを軽減できたら素晴らしいと思いませんか?

体からのアプローチで、頭痛が軽減される可能性がある。
今までにはあまりなかった方法が、オステオパシーにはあるのです。
[PR]
by ostetokyo | 2011-01-21 05:28 | Comments(0)

オステオパシーの素晴らしい本!「体からのシグナル」J.P.バラルD.O.著

d0125551_6593976.jpg


 昨日、私が所属している日本オステパシーメディスン協会(JOMA)のホームページで紹介されていた、J.P.バラルD.O.の新著「体からのシグナル」を早速JOMAで購入。
目次を見ただけでも、これは面白そうだぞ、と思わせる内容でした。
以下は、科学新聞社からのコピペ。↓

ジャン、ピエール・バラル著/科学新聞社出版局監訳
 /鈴木豊雄翻訳/ 四六版上製360ページ

体と心が発する信号を正しく理解して最高の健康を手に入れる。

本書の内容構成

第1部 体が語りかけている。耳を澄まそう
1章 人体はきわめて効率よく動く機械
2章 生きるための感情
3章 器官は何を考えているのか
4章 体が語ることばに耳を傾けよ

第2部 器官が考えていること
1章 脳-ビッグボス
2章 肺と気管支-暴風かそよ風か
3章 心臓-ドキドキしたりズキズキしたり
4章 乳房-女性らしさを演出ずるシンボル
5章 胆嚢-小さくて大きな悩みの種
6章 肝臓-内なる自己と感情
7章 胃と十二指腸-他人が描く自分のイメージ
8章 膵臓と脾臓-強力な感情のシヨックアブソーバー
9章 腸-長く曲がりくねった道
10章 賢臓-二卵性双生児
11章 膀胱-定量コントロール装置
12章 生殖器-根源であり、未来でもある
13章 皮膚-身体のショーケース

第三部 パッセンジャーに気を配る
 最も大切な財産
 補完医療・代替医療は強い味方



 各臓器が何をしているのか、そして臓器と脳、臓器と精神との関係などが熟練のオステオパスの経験から語られています。
食事・栄養についても書かれていますので一般の人が読んでも面白いと思いますし、今までにない素晴らしい本ではないかと思います。
これは、かなり話題になるかも?

皆様も是非お読みください!
おススメします!
[PR]
by ostetokyo | 2011-01-15 07:15 | Comments(0)

頭が大きく、寝ると頭に大汗をかくお子さん(2歳)

d0125551_1058314.jpg
先日、頭が体に対してすごく大きいというお子様(2歳)が来ました。
最初は、苦手な病院に来たのかと思って、お母さんのところに逃げたのですが、抱っこのままで頭にオステオパシーを始めました。
すると、しばらくすると、まったく痛くない事が分って安心したのか、セラピーベッドに上がっても大丈夫という状態に。
ベッドに寝かせ、頭に施術していきました。

私「少し、確かに大きくなってますけど、変わると思いますよ。かなり汗もかいてますね。」

親「そうなんです。とくに寝ると頭の下だけおねしょしたみたいにぐっしょり汗をかくんですよ。」

私「今までも沢山お子さんを見てきましたが、頭の大きいお子さんは、頭に大汗をかく事が多いみたいですね。以前も頭が大きくなってる自閉症のお子さんが同じく寝ると頭に大汗をかいていたんですが、オステオパシーで調整すると、その日から大汗が激減したという事がありました。頭が大きいから自閉症というわけでは勿論ないんですけどね。」

しばらく施術。
ただ触っているだけにしか思われないような力で施術しますし、お子さんも安心して寝てました。

私「ちょっと頭を触ってください。少し変わってきたと思いますよ。」

親「そうですね!頭のハチが目立たなくなってるし、頭が柔らかい!少し小さくなってますね!」

私「そうでしょう?頭の硬さがとれてきたし、頭も軽くなってると思いますよ。」

またしばらく施術。

私「じゃあ、今日は終わりましょう。」

子ども「(にっこり笑って)気持ちよかった!」

親「やっぱり少し頭が小さくなってる!バランスが良くなったみたい。でも、オステオパシーって本当に何をしているのか全く分からないですね。でも見た目も変わるんだから、普通の人が触るのと何か違うんでしょうね。」

私「そうなんですよ。頭蓋骨は眼には見えないけれど、若干動いてるんです。簡単にいえば、膨らんだり縮んだりしてるんです。その動きを手で感じて、それを元気にさせるんです。手は動いていないようにしか見えないですけどね。それでこういう結果になるんですよ。手で頭の動きを感じるなんてなかなか信じてもらえないですけどね。」

小さなお子さんでも、オステオパシーは大丈夫なんです。
痛くないし、小さなお子さんでも怖くないですからね。
[PR]
by ostetokyo | 2010-10-14 11:05 | Comments(2)