オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

カテゴリ:オステオパシー( 96 )

今日は人生初、馬さんへのオステオパシー施術に行ってきます!

今日はある人からのお誘いで、なんと! 馬にオステオパシーを施術しに行ってきます!

犬や猫は経験あるのですが、馬は初めて。
なので、経験させていただきに行くというかんじです。

蹴られたらどうしようとか、噛まれるかもとか、少し不安。008.gif
(実は昔、本当に馬に噛まれた事があります。)

でもなんだか初体験が嬉しくてニコニコ003.gifしております。

楽しい一日になりますように!
d0125551_9385085.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2012-11-28 09:27 | オステオパシー

スティル・アカデミィ・ジャパンに入学します‼

d0125551_9431640.jpg

昨日、オステオパシーの専門校、スティル・アカデミィ・ジャパンから合格通知をいただきました。
http://still-academy.jp/index.htm

これから、本格的なフランス式のオステオパシーを6年に渡り学ぶ事になります。(最後の一年間は論文課程)
5年間が終わると
Diplôme d'Ostéopathe となり、
論文課程終了後は
Ostéopathe D.O. のタイトルをとれます。
(スティル・アカデミィ・ジャパンは全日制の学校ではなく、年6回開校、各4日間、授業を受けるパートタイム制の学校です。)

フランスのオステオパシーはレベルが非常に高く、世界中にオステオパシーを教えて回っている内臓マニピュレーションの権威、J.P.バラルD.O.が言うには「客観的に見て、フランスのレベルはNo.1」だそうです。
そのバラルD.O.が推薦する学校がA.T.STILL ACADEMYで、スティル・アカデミィ・ジャパンはそのカリキュラムを輸入しているのです。

私は25歳の時からオステオパシーのセミナーを通して技術を学び、今までも多くの方々をみてきましたが、障害を持つお子様方や、難病の方々を今後も見ていくからには、オステオパシーを一から学び直す必要があると思い、決断しました。

入学は決して気軽な選択ではなく、これから大変な日々が始まりますが、しかし、この学びが必ず多くの子供たち、難病に苦しむ方々を救う力となる事を信じ、一歩踏み出します。

また新しいスタートです‼
上を向いて歩こう‼
[PR]
by ostetokyo | 2012-11-23 09:37 | オステオパシー

News!! 出張治療を開始! オステオパシーをあなたの地域へお届けします。

d0125551_1133621.jpg


【News!!地方出張を開始します。2012年11月~】

 これまでは、地方から東京に上京していただき、施術をさせていただいておりましたが、上京するだけで交通費、宿泊代、お食事代、施術費などで大変なご負担になることが課題となっていました。
今までも関東地方は元より、遠くは北海道や青森県、九州や大阪からもオステオパシーを受けに来ていただいておりました。

 そういった状況をとらえ、この度、日本各地への出張治療を開始することにいたしました。

10名ほどの希望者が集まれば、ご相談の上、伺います。
※セラピーの料金に交通費、会場費、場合によっては宿泊代等が上乗せされます。

お問い合わせは 090-6163-6098
Mail ostetokyo@gmail.com
[PR]
by ostetokyo | 2012-10-29 11:05 | オステオパシー

頭蓋仙骨療法を世界に広めたDr.John Upledger先生が本日お亡くなりになられました。

d0125551_23563433.jpg

本日、「頭蓋仙骨療法」(CST)を世に広めた、Dr.John Upledger先生がお亡くなりになりました。

[以下、Upledger Instituteからの発表]
Sadly, this morning, October 26, 2012 Dr John Upledger passed away and has begun his next journey. The family is grieving right now and our thoughts and prayers go out to them. Dr John has made such an incredible impact on so many and we are honored to continue to support his work and carry it forward. We will post information about his memorial service when more is available.

 本当に残念です。
自分も22年前、最初に頭蓋骨の調整を習ったのは、アプレジャー先生の「頭蓋仙骨療法(CST)からでした。
必死に先生の本を読んで学び、頭の動きが全くわからなくても頭を触り続け、触診能力を鍛え、先生のところに手紙を書いて渡米もしました。
フロリダのCSTの会場で先生に直接お会いし、「どうすれば先生のように障害児の治療をできるようになりますか」と尋ねましたが、先生は穏やかに「治療に近道はないよ。まずは大人の頭から始めて頭の動きをわかるようにし、段々と小児、乳児に挑戦しなさい。」とおっしゃいました。
あの日、オステオパシーの歴史に残る偉大な先生に、直接にお話を伺えた事、それが誇りでした。

 先生は、オステオパス以外に頭蓋仙骨療法を教えたことで、他のD.O.から相当な非難を浴びたと聞いています。
でも、アプレジャー先生がCSTをD.O.以外に開放したことで、世界中で障害を持つ子供たち、体調の不調を訴える人たちが救われたことは間違いのない事実です。
自分も先生によって人生を変えることができたと言ってもいいくらいです。
本当に先生に感謝しています。
ありがとうございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by ostetokyo | 2012-10-27 00:25 | オステオパシー

facebookでオステオパシーを知った人が来院。

昨日、facebookで当院を知ったという人が来ました。
「頭蓋骨の調整がすごかったと書いてあったから」とおっしゃってました。
実は、最近口コミによる来院が多くなってます。ありがたい事です。
facebookなどのSNSの口コミによって、段々と頭蓋オステオパシーの素晴らしさが伝わってきてるようで、嬉しいです。

その方はオステオパシー終了後、頭も軽くなり、顔もスッキリし、首の動きも良くなり、肩こりも軽くなり、「ただ触ってるだけにしか見えないのになんで⁉」と驚いてました。

皆さんに喜んで頂ける事が無上の喜びです!
[PR]
by ostetokyo | 2012-06-25 22:31 | オステオパシー

70代の女性:オステオパシーで黒かった爪が綺麗に。

d0125551_0563190.jpg
 
以前、何回かご紹介した70代の女性。
顔面の痙攣が20年以上続き、オステオパシーを2年前から月二回ずつ受けていたのですが、その痙攣は最初が10とすると、今は3以下の体感になったと喜んでおられます。

その方が最近の身体の変化について教えてくださいました。
その方は左右の手の指が曲がり、爪も黒くなっていましたが、最近は左手はほぼ黒さは消え綺麗な色に変化しました。
右手の方はまだ若干うっすらと黒い部分があるのですが、70代でもちゃんと変化するという証明になっています。
指の曲がりはまだ改善されていません。これは残念な点ですが。

丁寧にやさしく骨や神経にアプローチすることが重要です。
神経は優しく触れられる事を望んでいるんです。
[PR]
by ostetokyo | 2012-04-23 12:09 | オステオパシー

オステオパシー:最近の症例まとめ

d0125551_3114089.jpg

【歯科の矯正がたった1年で終わる】
小学校4年生の男の子。
昨年からオステオパシーを受け始め、ほぼ同時期に歯列矯正を始めていた。
当初は歯科医から、歯列矯正は中学ぐらいまでかかるかもしれないと言われていたが、何とこの春、たった一年ほどなのにワイヤーを外せる事に。
オステオパシーが矯正を促進させた可能性が高いとお母さんの声。

【頭の凸凹がかなり改善】
30代後半の男性。
頭の歪みを気にして来院。
オステオパシーでかなり目立たなくなる。
現在3回目終了したが、実は一回目ですでにかなり変化していた。

【3歳の広汎性発達障害(疑い)のお子様、かんしゃくがおさえられた】
つい2か月前、広汎性発達障害の疑いと診断されたばかりの3歳の男の子。
2回オステオパシーを受けた後、かんしゃくが抑えることができたとご報告を受けました。
この変化は驚きであったと共に、安堵の笑顔がご両親の顔に現れていました。

【妊娠!】
昨年末からオステオパシーを受けていた30代前半の女性。
頭痛や体調不良を治しに来ていたのですが、先日、妊娠が判明。
オステオパシー効果?と喜んでいらっしゃいました。
実は、オステオパシーを受けて妊娠した方が何名かいます。
少子高齢化ですから、お子様が一人でも生まれる事が社会の発展につながります。
間接的に社会貢献しているオステオパシーです。

【気が軽くなる】
頭の歪みを気にしていた男性(40代)。
歪みが少なくなってきた事も嬉しいが、オステオパシーを受けると、ストレスが非常に軽くなる事を発見したとのこと。
オステパシーを受ける前は、実生活のストレスを強く感じていたのに、「説明しにくいけど、何となく気がまぎれるようになっている事に気付いた」との事でした。
そうなんです!!
オステオパシーは身体、特に脳を元気にさせ、明るい方向に向かわせるお手伝いをしているんです。
☆脳が元気でないうちは、
・悪い想念、暗い想念が堂々巡りしやすい。
・ストレスから抜け出しにくい。
・頭の中に暗い雲がかかっている感覚
・自己否定感にとらわれやすい
・新しいアイディアが出にくい
など、悪循環にはまりやすいんですよ。

脳にはオステオパシーが必要なんです!
だから、全ての人にオステオパシーが必要なんです!
[PR]
by ostetokyo | 2012-04-05 03:12 | オステオパシー

仕事や学業成績アップのためにオステオパシー!

d0125551_11554263.jpg


皆さんの脳は完全に最高のパフォーマンスを発揮しているでしょうか?
「私は大丈夫」。本当でしょうか?
以下のような事を感じませんか?
 ・すぐ疲れる
 ・疲れが取れない
 ・集中できない
 ・頭が重い
 ・頭の中に暗い雲がかかっている
 ・ボーっとする
 ・気持ちが落ち込む
 ・失敗が多い
 ・明るい未来を想像できない
 ・記憶力が悪い

日々、そんな体験をしていませんか?
そんなあなたにはオステオパシーの頭蓋骨調整が必要です!
 皆様、頭蓋骨の調整は「すべての人」に必要です!
皆様は脳・身体の不調のために、人生において大変な損をしている可能性があります。

 私はよく、人間の身体を「整備不良の車」に例えて説明します。
皆さんの身体はキチンと整備しさえすれば、時速100キロのスピードが出るとします。
高速道路などで走れば一時間後に100キロ先まで進めるはずです。

ところが整備がキチンと出来ていないがために、時速30キロしかスピードが出ないかもしれません。
ある人は時速50キロしか出ないかもしれないし、70キロしか出ていないかもしれません。
つまり、本来は一時間後に100キロ先まで行けるかもしれないのに、30キロ先、50キロ先、70キロ先までしか行けない事になります。

おまけにすぐに不調になり路肩やパーキングエリアに車を停め、JAFを呼ぶなどしなければいけないかもしれません。

これを仕事や人生に置き換えるとどうなりますか?
勿体ないと思いませんか?

整備をする事によって、かなり皆様の業績やパフォーマンスが変わります。
その整備の方法がオステオパシーです。
特に、頭蓋骨を含む身体の調整をし、脳や中枢神経系の機能を高める必要があり、
オステオパシーはそのお手伝いを効果的に行います。

d0125551_11545247.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2012-02-06 11:56 | オステオパシー

オステオパシー:頭蓋骨と骨盤は一緒に動く

d0125551_0593174.jpg

 今日、いらっしゃった顎関節症の50歳くらいの女性。

もう5回以上、私のオステオパシーを受けに来ているので、顎の痛みは最初の半分くらいにはになっているが、まだ頭蓋骨が自由に動ききらない。

身体も至るところが硬くなっているので、毎回少しずつ全ての骨をチェックしていきました。
そして、今日は、キーポイントの一つとなる部位を特定できました。

そこは、坐骨でした。椅子に座る時に、椅子に当たる部位の骨です。
そこが非常に硬くなっておりました。
(この方には坐骨がキーポイントだったということで、全ての顎関節症の方がここがキーになるわけではないとは思いますが。)

坐骨を緩めていくと、ご本人も「段々、腰回りが温かくなってきました」とのこと。

坐骨の調整後、また頭を調べると、頭蓋骨の動きも先ほどより良くなっておりました。
これで、また顎の動きもさらに良くなり痛みも減る事でしょう。

骨盤と頭蓋骨は連動しています。
だから骨盤の骨の柔軟性の低下は頭蓋骨にも影響するんです。
丁寧に各部位をチェックすることは重要ですね。
[PR]
by ostetokyo | 2011-12-15 01:04 | オステオパシー

骨の潤いやしなりの重要性 

d0125551_1115089.jpg

 私は以前から、骨は硬ければいいのではなく、骨密度が高ければ良いのでもなく、骨のしなりや柔軟性が必要なのだと言ってきました。

硬い骨は潤いを失っていてもろくなるから骨折しやすい。
硬い骨は潤いを失い、乾燥木材と同じように微細な「反り」を起こす。
骨の反りは関節のズレも起こす可能性がある。

だから骨はしっとりと潤っていて、温かみと柔らかさ、軽さがある方が良い。

最近、インターネットで「骨 しなり」と検索したら、NHKの「ためしてガッテン」で新型骨粗鬆症として骨のしなりの重要性を紹介してくださっていることを知りました。
「死亡率8倍!?あなたを襲う新型骨粗鬆症」をご覧ください。

最新の医学においても、骨のしなりや柔軟性の重要さが語られています。
栄養や運動などの指導によって、骨の状態を良くする方法を番組では紹介したようです。
しかし、まだ骨のしなり度や柔軟性を適切に評価する方法や指標がないとの事です。
そして、骨の潤い度をあげる方法を模索中なのだと思います。

そこにオステオパシーの培ってきた理論、触診能力、技法が活きてきます。
骨にやさしく触れ、骨に生命感を取り戻させるお手伝いをオステオパシーはしているのです。

私のオフィスに来てくださる方には、私が触診で得た情報をお伝えします。
「この部分の骨が硬くなっていますね」
「骨盤の骨が硬いですね」
「肋骨が硬いですね」
「肩甲骨が硬いですね」
「頭蓋骨が硬いですね」
*これは「骨の病気があるということではなく、触った感触の事を言っているだけですから気になさらないでください」、と伝えています。法律は元より、「診断」しているかのような口調や表現はただ不安にさせるだけですので。

私は、身体の痛みなどにも骨の硬さ、潤い度の低下が影響している可能性が高いと思っています。

例えば、潤いが少なくゴツッと硬くなった肩甲骨や肋骨。
その硬い骨を動かすのに、周りの筋肉(僧帽筋や菱型筋その他)は「モノ」を動かすような状態になり、余計な疲労が作られるのではないか。
だから肩の筋がコル。疲れる。
肩甲骨や肋骨の潤い度が戻ってくると、動かす筋肉の負担が軽減されるのではないか。

そして、あらゆる骨に潤いの低下が起こりえますし、そのケアが必要とされるでしょう。

これは非常に重要な問題であると思われます。
全ての人に密接に関わっているテーマであると言えます。

一般の方の健康増進に。
スポーツ選手はしなりのある骨で競技成績の向上に、怪我や骨折の予防に。
妊婦では骨盤(腸骨、坐骨、恥骨、仙骨)の柔軟性が非常に重要です。
若年者も高齢者も良好な生活のために。

今、丁寧な骨のケアーが求められているのだと思います。
私のオステオパシー施術では50分間、ソフトに骨を調整する事に当てています。
そして、骨の柔軟性の回復とともに体のラインも変化し、身体が楽になっている事に驚かれる事が多いのです。
[PR]
by ostetokyo | 2011-12-08 11:38 | オステオパシー