オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

カテゴリ:あれこれ( 140 )

トレーニング

d0125551_2032412.jpg

今日、トレーニングのためにTheratubeというゴムのチューブを買いました。
これで鍛えるぞ!
[PR]
by ostetokyo | 2011-08-05 20:32 | あれこれ | Comments(0)

空海と密教美術展

d0125551_152508.jpg

今日の午前中は、上野の美術館に行き、「空海と密教美術展」を見に行ってきました。
空海の書にシビレタ。
記念にTシャツを購入。
[PR]
by ostetokyo | 2011-07-21 15:02 | あれこれ | Comments(0)

サンプラザ中野くんの歌「TOMOSHIBI」

d0125551_812034.jpg

 先日の(有)テンプル・ビューティフルの15周年講演会でお会いしたサンプラザ中野くん。
こちらの名刺をお渡ししていたら、ご本人からメールをいただきました。
今年の東日本大震災後、数日後に録音された日本人へのエールソング「TOMOSHIBI」を作られたということでした。
さすが動きが速い!

↓以下は、サンプラザ中野くんからのメッセージ。
曲の配信サイトにのっていたものを転載しました。

『「TOMOSHIBI」だ!サンプラザ中野くんだー!
この震災を乗り越えていこう。それは長い道のりとなるだろう。
下を向いてしまうこともあるだろう。諦めてしまいそうなときもあるだろう。
そんなとき思い出して欲しい。世界中の人々がこの震災を共有してくれていることを。
私たちは忘れられてはいないのだということを。
時代を空気感を共有する人々がいることを。
そのツールは歌だ。間違いなく歌なのだ。
そのための歌となりえれば良い。この歌の使命はそれだけだ。
TSUNAMIの被害を乗り越えて、僕たちは心に「TOMOSHIBI」を灯し続けようよ。
どうぞこの歌をお使い下さいませ。
フリーです。TOMOSHIBIをシェア。
by サンプラザ中野くん』

(追記)肝心の曲をリンクし忘れてました。ごめんなさい。サンプラザ中野くん。
[PR]
by ostetokyo | 2011-07-07 08:12 | あれこれ | Comments(0)

かぶと虫

d0125551_6574383.jpg

d0125551_6574386.jpg


 今朝も子どもたちとかぶと虫捕りに出かけた。
近くの公園なのだが、かぶと虫やクワガタがいるわいるわ。
毎回数匹ずつ増えていってる。
今朝はオス2、メス1。

増えてきたので昨日はお友達にもおすそわけしたくらい。
子どもたちは夢中になってとりまくっておりました。
今年は何回行かされる事やら。

夏の楽しみである虫取り、プール、花火・・・。
楽しまなくちゃね。
[PR]
by ostetokyo | 2011-07-03 06:57 | あれこれ | Comments(0)

飯田橋: 梅酒ダイニング明星

今日は飯田橋に5月に新しくできた「梅酒ダイニング明星」に柴岡先生と行った。
100種類の梅酒の飲み放題1000円。
サラダ食べ放題500円。
料理も美味しく、大満足だった。
一人3500円くらいだったし、☆☆☆☆☆星五つくらいあげたい気持ち。

お医者さんの明星先生という人がプロデュースし、身体に良い梅酒や新鮮な野菜等を提供するというコンセプトで作られているらしい。
医・食・農の連携プレイみたいなかんじかな。
同じ飲むならこういう健康志向の店が良いですよね。
d0125551_2253496.jpg

写真は頼んだ料理の一つ。「よだれ鶏」と「湯葉とドライトマトのバルサミコ酢
お皿も盛りつけ方もオシャレ!ちょっと食べた跡が見えますが、ごめんなさい。


柴岡先生は相変わらず研究熱心で、「AIDSウィルスはなかったらしい」とか、水の重要性を説いた本を読んだ話を聞かせてくれた。
「アレルギーをはじめ、多くの疾病が単純に、飲む水の量が足りていない事が引き金になる事が多いらしい」と柴岡先生。
水道水でもいいから、毎日2リットルくらいの水又は白湯を飲むといいらしい。
勿論、蒸留水や浄水器で作った水や市販の水など、良い水を飲むに越した事はないですが。
水は、お茶とかでなく、何も加えていない状態がいいということです。
僕も毎日、水筒に白湯を入れて持ち歩いてます。

6月からお酒は飲んでなかったんですが、今日はこの店に行ってみたくなり、柴岡先生と行っちゃいました。
梅酒だし、飲み過ぎなきゃいいだろう、おまけに野菜が食べ放題なら健康にいいさ!
なんて自分に言い聞かせて行っちゃいました。
ま、結果として飲みすぎず、体もだるくないし、良かったかな。

ではおやすみなさい。
[PR]
by ostetokyo | 2011-06-13 22:36 | あれこれ | Comments(0)

いかんいかん!またブログがストップしとる!近況報告します。

d0125551_2392320.jpg

 いやあ、またブログがストップしとりました。

では、近況報告を。

最近、お酒を止めておりました。
そのおかげで、夜は解剖学や生理学などの勉強を今まで以上にできています。
病気の原因などもネットで調べたり、充実しておりました。

今日は杉山先生のS-CS(ストレイン/カウンターストレイン)の講座に出席。
横浜の井上先生と組んで学習。

個人的には、プラーナ(いわゆる気のようなもの)や言霊、波動療法なども興味があり、その実践もしたり。
その関係の動画です。↓


音、音波は物質や液体、気体に影響を与えているんですよね。
言葉も同じように周囲に影響を与えるものなんですよね。
日本では、言霊という言葉もあり、人間の言葉がエネルギーを持ち、万物に影響を与えると考えられている。

後は、日本人と古代ユダヤ人の関係などについても興味深く、Youtubeで見ておりました。

そんなとこかな?
またブログが滞らないようにしなきゃ!
[PR]
by ostetokyo | 2011-06-12 23:09 | あれこれ | Comments(0)

活元運動

d0125551_22584795.jpg

 最近、施術中に興味深い現象が起きました。
ある男性が施術を受け始めると、その人の体が自分の意志とは無関係に、勝手気ままに動き出すという現象が偶然起こって、その後、毎回続くようになり驚いています。
勿論、そのような事は初めてです。

 その動きはとても不思議なのですが、恐いものではありません。
昔、私が治療を習ったF先生から昔、そのような動きがある事を聞いていましたので、あれかなと思えたので私もさほど驚かず、比較的落ち着いて観察できました。
そのような自発的な動きを、治療の世界では有名な野口整体では、「活元運動」と呼んでいます。
身体は自己調整のために、体を様々な方向に動かします。
就寝中の寝返りや、眠くなったときに出るあくび、身体がこわばると首をひねったり伸ばしたくなるような動きも、一つの活元運動ということです。
野口整体ではそういった自然な動き「活元運動」を積極的に引き出し、自然治癒を促し健康になるための方法として使っているそうです。

 その方は、オステオパシーの最中に、右腕が動き始めました。
ご本人が「何だこれ?」と言いながら、右腕が勝手に背中側に捻じれていきました。
「イテテテテ、勝手に動いてく!本当に自分でやってるんじゃないんですよ。ある筋肉だけが力が入ってるんです。これ、自分では意識的にできないですよ。」
その動きは左腕にうつり、最後には体全体でねじられていくようでした。
次には頭の上に行き、不自然な捻じれ方をし、色々な姿勢になり、まるで、見えない合気道の先生に腕をひねりあげられているかのようでした。
「でも、痛いけど気持ちは良いです。勝手に動くけど、関節が壊れるとかそんな感じじゃないです。」
私は、体の動きを邪魔しないようにしながら施術を続けました。
30分以上、そのような動きが続き、段々と収まりました。
本人も汗だくになりながらも、「あー、面白かった!」と、笑顔で仰っていました。
私は氏に、活元運動の事を説明すると、ご本人も、「それは今の動きに似ているかもしれませんねー。」と納得されていました。

画像は、その男性のある日の手の動きの様子です。
凄い力の入りようで、手のひらの中心が強く窪んでいました。
まるで、神経の問題が起きてマヒが起こった時のようでした。
そのような動きは普通、自分で意識的にはできないだろうと思い、記録するために携帯で撮影しました。

身体が自分で治そうとする動きって、本当にあるわけです。
「活元運動」、いい体験をさせていただきました。

注意:私の施術を受けると、こういう事が起こるということではありません!
    あくまでもたまたま起こったというだけです。
[PR]
by ostetokyo | 2011-06-01 23:06 | あれこれ | Comments(0)

被災地の様子や自衛隊の事

d0125551_0201761.jpg

 今日、ある方から被災地の復旧に当たっている自衛隊の方々の事を聞きました。
この方は、勿論、防衛省や自衛隊の方でも、そのご家族でもありません。

壊れた家、割れたガラス、鉄骨、あらゆるものが壊され、ごちゃごちゃになっている中で、行方不明者探しや整地、様々な任務に当たる自衛隊の方々。
亡くなった方々には大変失礼だとは思いますが、現地は海水、汚泥、様々な腐敗臭がひどく、衛生状態も非常に悪くなっているということです。

また、福島では放射線被爆の恐れもある原発事故の後処理も担当している。

d0125551_0205068.jpg
大変な任務だと思います。
それなのに、食事は冷たい缶詰、冷たい缶飯、水だけだとか。
また、風呂もたまにしか入れない状態だという。
気力、体力ともにギリギリの状況だと思います。

自衛隊の方々の必死の努力により、大震災の復興が支えられている。
この事は決して忘れてはいけないと思います。

他の組織、警察や消防署員、各自治体の方々、ボランティアの方々のご活躍にも感謝したいと思います。
[PR]
by ostetokyo | 2011-04-22 00:22 | あれこれ | Comments(0)

「直感」とか、「心の声」とか、信じてます?

d0125551_11592923.jpg

 「直感」とか、「内なる心の声」って、皆さんは重視します?

私は勿論、重視しております。
いや、長年の経験から、重視すべきだと思うようになりました。

私は過去、何度もその直感を無視したり、心の声に反した行動をとったために、失敗したことも多い。
とても大きな失敗だった事もある。
(でも、もしかしたらより大きな視点では、その失敗も成長の一環かもしれませんが)
そういった体験から、やはり直感に従った方がより良い方向に向かいやすいと思っています。

どの道を通って目的地に行くべきか。
電車のどの車両に乗るのか。
何を今、購入すべきなのか。
銀行にいくら残し、いくら引き出すべきか。
誰に電話し、メールし、会うべきか。

一応、何でも直感に従います。

先日、BOOK-OFFで、ある「メッセンジャー」の女性の本を買いました。
この本が、そういった直感力を信じることの重要性を説いていて、それが今の自分にとても力になりました。

この本を買うべきと思ったのも、直感。
買って良かった。

これは直感ではないのだが、一つ付け加えます。
先日の大震災でも、ある高齢の女性が、3月11日の午後、亡くなった旦那様が耳元で「友だちの○○さんのところに行きなさい」と囁いたように感じ、その声を信じて、友だちのところにバスで向かったところ、バスを降りたとたんに大地震にあったのだと言う。
「もし家にいたら死んでいたかもしれない。お父さん、ありがとうございます。」とインタビューで答えていました。
実話ですよ。

私は、こういう話、肯定的です。

「何だかある人に電話したくなる」
「普段はしないけど、あるところに行った方がいい、そんな気がする」

そんな声が心に響いたら、それに従った方が良い気がします。
[PR]
by ostetokyo | 2011-04-11 11:44 | あれこれ | Comments(0)

地震のこと、あれこれ。

d0125551_21545083.jpg
 
 まだまだ3月11日の大震災の余波の諸現象に翻弄されていますね。
そして、経済的な打撃が今後、関東にもジワリジワリと来るかと思うと、気が気ではありません。
一庶民としては、ひたすら現実の生活を充実させ、消費し、被災者の方に自分が出来る事をやる程度しかありません。

被災者の方々は、寒さや空腹、余震などで大変なことと思います。
日本中、そして、世界からも応援が届いているという事です。
是非、もう少しの辛抱を!

自衛隊や消防団の方々も本当に素晴らしい活躍をされている。
日本人として、誇りに思うとともに、感謝の気持ちをささげたいと思います。

政治家の皆さん、与党も野党もがんばっている事と思います。
この国難のかじ取りは皆さんにかかっていますので、今は与党である民主党に表舞台は頑張っていただき、野党には見えにくい点でがんばっていただきたい。
各党の活躍をHPで確認します。

私にもできる事はないかと思い、ボランティア出来ないか打診しましたが、今はまだその受け入れはないとのことでした。
東京都庁に水を寄付出来ないかとも思いましたが、もう受け付けは終了しているとのこと。

残念ながら、現地での食料の炊き出し等には、現実的に行けそうにありません。
ごめんなさい。
ニュースで見ましたが、日本にいる外国人の方々(インド系?ごめんなさい、どこの国の方かわかりません)が現地入りし、おにぎりを作っているのを見ました。
本当にありがとうございます!
[PR]
by ostetokyo | 2011-03-28 21:55 | あれこれ | Comments(0)