オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アジアンミールさん

d0125551_11462273.jpg


 休日、私はよく東京都府中市にある卸売市場に出かける。
ここは一般客もプロも分け隔てなく買い物をする事ができる。
鮮魚、精肉、青果、乾物、陶器、雑貨・・・とほぼなんでも揃うところだ。

 その中で、特によく行く店が、「アジアンミール」さんである。写真は店主のご夫婦。いつもにこやかに迎えてくれます。
アジアンミールさんのブログはこちら。
主にアジアの食に関するものを中心に扱っているのだが、私はカレーに使うスパイス・香辛料やキムチ作りに便利なキムチの素、ハーブティーなどをよく購入している。
ここではスパイスなどを小さな袋に入れて小売してくれているので、一般客にとっても使いやすいのが嬉しい。
先日は、カレーに入れるためのコリアンダー、クミン、オールスパイス、シナモン(樹の皮そのまま)、ココナッツミルクパウダーなどを買った。
そのため、今のマイブームはカレー。週に何回もカレーを食べている。
玉葱・人参をいため、その他入れたい野菜をたっぷり入れる。大根でもカブでもジャガイモ、かぼちゃ、何を入れてもおいしい。
それに塩、胡椒で味をつけ、カレー粉のパウダーのものや上記のスパイスなどを入れる。
ココナッツミルクはこのところ、カレーには絶対に欠かせないものになっている。
スパイスはすり鉢でゴリゴリとおおざっぱに細かくしてから入れる。
出来上がったカレーの中に時々スパイスの荒いのが残っていて、口の中でワイルドなスパイスの味が広がり、味覚を楽しませてくれる。これがまた美味い!
昨日はご飯にターメリック(うこんの粉末)を炊く時に混ぜ、黄色いターメリックライスでカレーを食べた。これがまた、まいうー!!

 スパイスは、身体によい成分がしっかり入っているし、これをしっかり活用し、超健康な身体作りをせねば。これからスパイスや生薬、野菜の効能などを勉強していきたい!
昔、メディカルハーブ広報センターの植物療法の講座は受けていたから、ちょっとだけ知識はあるんですが・・・もっともっと知りたいですね!
カレーに含まれるスパイスの成分は脳を活性化すると言う。受験生の夜食にもよいとか。
健康に良いとはいえ、自分の場合はおいしいから食べ過ぎてしまうのがプチ・プロブレムである。なんでも程々が重要。わかっちゃいるけど食べてしまう。

 今日は、アジアンミールさんで、生のハーブティーを試飲してみたが、かなりおいしかったので数種類購入した。さすが、本物の味は違う!
美洸でもそのうちゲストティーとして登場するかもしれません。お楽しみに!

府中卸売りセンター(大東京総合卸売センター)の「アジアンミール」さんに、是非足を運んでください!
[PR]
by ostetokyo | 2008-02-19 11:46 | 健康

春よ来い

 先日は、お客様の体が楽になると、「春の小川」のような感覚になるという話を書きましたが、あともう少しで本物の春が近づいてきますね~。

 やはり、春はいいですよね~。
暖かい空気、土や草、花の匂い、鳥の声、ちょろちょろと流れる小川・・・。

梅ももうすぐでしょうか。
桜は4月頃ですか。
花が咲いたら、木の下で横になって花を眺めるのもいいですね。

春が来るのが待ち遠しいこの頃です。
[PR]
by ostetokyo | 2008-02-15 18:20 | あれこれ

春の小川

 今日もお一人、頭痛のお客様がいらっしゃった。
週に一回、必ずひどい頭痛があるという。

 頭を触ると、頭蓋骨の動きが非常に重かった。
たとえは悪いのですが、重油のような重い液体が中で動いているような感触。
こういう人は首や肩、背中に重い感覚があることが多い。

 丹念に頭蓋骨を調整し、流れを良くしていきました。
静脈の流れを良くし、側頭骨、後頭骨、頭頂骨…と少しずつ調整。
だんだんと頭が軽くなり、体全体が楽になってくる様子が手に取るようにわかりました。

 私はそういう状態を「春の小川のようになった」と表現しているんです。
寒い冬をこえだんだんと暖かくなり、鳥たちが歌い、花の香りが満ち、小さな花や新しい生命が芽吹き、ウキウキするような、そんな感覚なんです。
それが体に起こる。
呼吸も楽になり、体がぽかぽかと温まり、気分も楽になっているようでした。
目に生命の輝きがあふれ、顔も若返ったように見えるんですよ!
こちらも嬉しくなってきます。

そういう感触を得られた時は、我ながらいい仕事をしたなあと思います。
[PR]
by ostetokyo | 2008-02-11 00:25 | オステオパシー