オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

K君の作品

d0125551_10394556.jpg

K君は5月からオステオパシーを受け始め、この7か月で色々な点で成長しているとお母さんから報告を受けています。
下の写真はアサガオを見本なしで、彼の頭の中にある記憶のみで作ったものです。
花は青い折り紙を丸く切り、のりで形よく張り付け、茎や葉は色鉛筆できっちり書いています。

ご両親や学校の先生の評価では
・「書きたい」「表現したい」という創造的意欲が増えている。
・「自分が描いたものを飾って欲しい、見て欲しい」という自然な感情が出てきている。
・集中力が増えている
など、全体的に成長しているという意見で一致しているようです。

本当に成長しているな〜と思います。
B君の自信につながるだろうし、ご家族の喜びが増えていると思います。

年の瀬に嬉しいご報告をいただきました。
[PR]
by ostetokyo | 2009-12-30 10:39 | 障害を持ったお子様 | Comments(0)

広汎性発達障害のお子様・この半年の成長

d0125551_17511344.jpg
 

この半年で、ある広汎性発達障害のお子様が非常に成長したという報告を受けましたので、ご紹介します。

関東北部の県から毎週通っている、A君は、5月末から施術を受けていますがここ最近は色々な嬉しい報告をご両親から聞いています。
例えば、
・新しい言葉がどんどん増えている。
 その場その場に適した言葉を発するようになってきているようです。
 「こんにちは」「さようなら」「バイバイ」「すみません」などは特に当たり前のように出てきているということで、言葉のやりとりももう少しでできるのではないかという期待が出てきましたとのこと。素晴らしい!

・感情が豊かになった。
 保育園に預けるとき、初めて「ママ~!」とお母さんを追いかけてきて泣いたとのこと。
 お母さんにとって本当に嬉しいことだったと思います。
 心の交流がなかなかとれないという事も気になっていたようでしたので、これは本当に嬉しかったのではないかと思いますね~。

・トイレに自分から行ききちんとできる回数が増えた。
 「トイレ大丈夫?行こうか?」と問いかけても、行かないときは大丈夫なようだし、行くときは自分から行くようになってきたとの事。

・家庭で行える発達検査をしたら、かなり良くなっていた。
テストの詳細はまたの機会に。

この他にも沢山あるのですが、このくらいにしましょう。

このA君は半年前、初めて来た時は上記のことはあまりできていなかったし、他の療法をしているわけでもないということですから、オステオパシーの調整が、彼の脳の機能を高める事に一役かったことは間違いないと思います。

今後、脳機能を高める精度が上がっていけば、このような喜びの輪がどんどん広がっていくと思います。乞うご期待!
[PR]
by ostetokyo | 2009-12-18 08:10 | 障害を持ったお子様 | Comments(0)

苫米地氏の本「英語は逆から学べ!」トレーニング編

 最近、苫米地氏の本を色々と読んでいるのですが、今度は「英語は逆から学べ!トレーニング編」というのを買いました。
「逆から学べ」って、どういうこと?とまずは興味をそそられるタイトル。
「脳機能学者」の苫米地氏のことだから、きっとすごい仕組みがあるに違いない!と期待いっぱいで購入。

で、読んでみますと・・・
「逆から学べ」とは、日本語で築いた脳の回路に乗せて英語を学ぶのではなく、つまり、文法から入るような方法ではなく、英語圏の人が自然に英語の中で英語を学ぶ回路を作るように、英語を学ぶべきであると。
ですから、日本語で考えるのでなく、英語だけを聞きまくることから始めるのが良いらしいです。
ふーん、そうかあ。そりゃそうだよな・・・なんて軽く読んでたんですが、その後、途中で本を閉じ、その本に付属しているCDを聞いたのですが、これが面白かった。
自然に脳が英語を聞きにいく、と説明に書いてあるのですが、その理由がわかりました。
ダブル・バイノーラル録音という方法で録音されているらしく、ステレオヘッドフォンで聞くと、男女二人の英語での会話が右から聞こえたと思ったら左へ移動し、また右へと移ろうように動いていくんです。
聞こえは悪いようですが、まるで幽霊が頭の周りを動きながら話しているよう。
でも気持ち悪いようなものじゃないんですよ。
確かに脳が「あれ、なんだろう?」と思い、勝手に聞こうとし始めるかもしれない。

これは耳を英語の周波数に慣らすためのもので、この本を読んだりCDを聴くだけで英語がバッチリわかるようになるわけじゃないんですけどね。
頭の良い人が考えると、やっぱ違うよな~と感心しました。
[PR]
by ostetokyo | 2009-12-12 01:15 | あれこれ | Comments(0)

六本木ヒルズ

d0125551_3314785.jpg

今日は仕事を終えて六本木ヒルズに行ってきました。
クリスマスを前にヒルズの周辺が綺麗なイルミネーションで飾られ、多くの人でにぎわっていました。
そこかしこで聴こえるクリスマスソング。
クリスマスは何となく幸せな気分になれるから好きだ。
しばし、ほんわかモードに浸れました。
[PR]
by ostetokyo | 2009-12-07 03:31 | あれこれ | Comments(0)

来年から新しいスタート!

 来年以降、障害を持ったお子様に対するオステオパシーを更に広く多くの方に知っていただくため、様々なアクションを起こしていこうと思っています。

☆今までの自分の経験を一般の方や、これから障害を持ったお子様に対する治療をしたいと思っている方などにもお伝えする機会を持つ。
  手で身体を触って治していく方法が本当に効果があるのか疑問を持っている方も少なくないはずです。
  オステオパシーが何をしているのか、直接説明する機会を持ちたいと思っています。

☆他の医療・福祉・栄養・代替療法などとの連携を強化する。

☆障害児治療に特化したプロ向けセミナー等を企画

・・・・・その他、たくさんのプランがありますが、まだ書かないでおきます。
楽しんで進んでいこう!



d0125551_9501444.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2009-12-01 09:49 | 障害を持ったお子様 | Comments(0)