オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

お気に入りブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

人気ジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

トム・クルーズ

 昨日、映画「ナイト&デイ」のキャンペーンで来日したトム・クルーズ。
相変わらずかっこいいですな~。
眼がかっこいいですね。笑顔もいいな~。
キャンペーンだけのために来日して、すぐに「MI:4」の撮影のためとんぼ返りするとか。

トム・クルーズ氏のホームページでは、彼の出演した映画のイメージビデオを見ることができます。

ところで、トム・クルーズ氏は少年時代、失読症であったが、それをある教育プログラムで克服したという。
彼自身の体験から、「レインマン」への出演もあったという話です。
素晴らしいですね。

そういえば、彼のどんな作品を観たっけ?
「レインマン」
「トップガン」
「7月4日に生まれて」
「ミッションインポッシブル」
「ラスト・サムライ」

くらいしか観ていないな。英語の勉強がてらビデオで観よう。

d0125551_1015632.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2010-09-29 10:31 | あれこれ

国民的”美魔女”コンテスト

今日は休み。
 先程、テレビをつけていたら、「国民的”美魔女”コンテスト」が取り上げられていた。
どうも、40代をターゲットにした女性誌「美STORY」という雑誌の企画らしい。
応募総数は二千人以上だったとか。すごいです!
う~む、最近の30代、40代はきれいだ。50代ですら、すごくきれいな人が最近は増えている。
良い事です!

 尖閣諸島に今まさに中国共産党が手を伸ばそうとしている今、美魔女を話題にしている自分もゆるいと思うのだが、あまりまじめな事ばかり考えていると健康に良くない!
少しくだけた話題もよろしいでしょう。

 そのホームページを進めていくと、ユーザー投票ランキングというのがあった。
テレビでも紹介されていたが、現時点では中国系の女性がトップ。
勿論、先ほどの尖閣諸島に絡める意図はございませんよ!
日本の男性は、どの国の女性であれ、美しい女性を評価します!
(いや、多分、どの国の男性もそうだと思う。)
韓国系の女性もトップ10に入っています。
東洋系の美女たちが美を競いあい、そこから友愛の輪が広がってくれたら良いですね。

そこで提案!
トップ10の人たちにプロモーションビデオを作ってもらって、「私たちは争いを好みません。各国政府の皆さん、争う力を、相互発展の力に変え、輝かしい未来のために手をつなぎあいましょう!」みたいなメッセージをyoutubeに投稿してもらえないかな。
で、日本、中国、韓国、北朝鮮などの国々が集まるサミットなどがあれば、同時期にその美女たちが同地でイベントを行い、友好ムードを高めるとか。
「女性の視点で作る友愛の東洋サミット」みたいなのどうでしょう。

なんちゃって、美魔女の話題を取り上げるだけだと、地のまんまの一人の中年男的な色が濃厚になってしまうので、無理やりまじめな話と絡めてしまった。ハハハ。
[PR]
by ostetokyo | 2010-09-28 11:21 | あれこれ

写真展「HIV/エイズとともに生きる子どもたち」に行ってきました。

 先日、Twitterで相互フォローさせていただいた、山本敏晴医師からTwitterでご連絡をいただき、新宿で行われている「HIV/エイズとともに生きる子どもたち」を見に行ってきた。
まだ、山本医師の事をよく知っているわけではない。
エイズについても、深い関心を持っているわけでもなかった。
でも、自分の娘も年ごろ。異性との付き合いも始まるだろう。
ここで、性的な接触から多く感染するHIV/エイズというものに触れておくことも必要だろうと思い、雨の中、新宿まで行った。
幸い、新宿西口から地下通路を通って、開催されている新宿エルタワーまで行けたので、雨の中、歩かずにすんだ。

そのエルタワーの28階で、アフリカ・ケニアのエイズ感染している子どもたちの写真が展示されていた。
入口をはいると、すぐに受付横でノートパソコンを叩いている坊主頭の男性がいた。
山本医師だ。Twitterの顔写真でみていたからわかった。
プロフィールによると、ほぼ自分と同じ年。自分は単純なのでそれだけで親近感がわいていた。
Twitterでお知らせいただいたので来ましたと軽く挨拶をして、中を順に見ていった。
d0125551_11223894.jpg


きれいな目の子供たち。輝いている笑顔。
この子たちがエイズに感染していて、やがては若くして死んで行くのだと思うと、せつなくなる。

また、山本医師の書籍、写真集なども展示、販売されていた。
それでやっと写真はすべて山本医師の作品だということがわかった。ただ主催者というだけでなく、実際に写真を撮った本人でもあったのだ。
医師であるだけでなく、写真家であり、執筆者でもあり、さらにNPO法人「宇宙船地球号」の代表でもある。
すごい。

そのウェブサイトを見させていただいた。
発展途上国では、経済力がなく、教育が行き届かず、医療も十分ではなく、あれもこれも足りない。
そんな発展途上国を真に支援するためにはどうしたらいいのか、それを真剣に考え行動している人がいたとは知らなかった。
詳しくは、NPO法人宇宙船地球号でご確認ください。
本当に素晴らしい人と出会った。
d0125551_11145041.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2010-09-24 11:21 | あれこれ

犬にオステオパシーを試してみた ( ̄ー+ ̄)ニヤリ

d0125551_9335142.jpg

親戚宅の犬にオステオパシーをしてみた。
さすがに頭の動き(頭蓋リズム)はわからなかったが、右下腹部と右の首肩に制限があったので、そこに手をおいてあげたら実に気持ち良さそうな顔をしてた。
彼らもSD(ソマティックディスファンクション:体性機能障害)を持っているんでしょうね〜。
何でも、犬にも肩こりや首のこりがあるんだとか。
自分よりも背の高い人間を見上げ続ける事で、こるらしい。そりゃそうでしょうね~。
犬にも、人にはわかりづらい悩みや苦労があるに違いない。
[PR]
by ostetokyo | 2010-09-19 09:33 | オステオパシー

「もらう」という現象

セラピストは、患者さんの症状が自分の体にうつる、と感じている人が多いといいます。
それを「もらう」と表現しているのです。

一般の人は、「そんなことあるわけないじゃないか!」と考える人が多いと思いますが、実に多くのセラピストが同じようなことを口にしているのです。
「邪気をもらう」という人もいるし、「気がうつる」とか、「ネガティブなエネルギーがうつる」と表現する人もいます。

一般の人からは、怪訝な顔をされるであろうことは百も承知です。
科学的にありえない!と言われるかもしれない。

でも、実際にそう感じているセラピストは多いんです。

ただ、全く感じないというセラピストもいます。

この不思議な話、私自身は肯定派です。
それは「ある」と思っています。

この現象、科学的な視点から調べてみると面白いかも。
もちろん、勘違いであると断定される可能性もありますけどね。

たとえ現代科学ではわからなくても、人間はとても不思議な存在で、摩訶不思議な現象は山とある。
わからない現象があったとしても頭から否定せず、面白がる余裕があっても良いのではないかと思います。
d0125551_10141241.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2010-09-16 10:15 | あれこれ

「脳には学習や運動が不可欠」というニュース

ヤフーニュースはこちらから。

細胞の成長や保護に重要な栄養素となるホルモンが、脳の活動が活発な部分だけに血液中から取り込まれることを、征矢(そや)英昭・筑波大教授と西島壮(たけし)・首都大学東京助教らのグループが発見した。

 脳機能を維持するのに学習や運動などが不可欠であることを実証したもので、将来、認知症予防など脳を健康に保つためのプログラム開発につながると期待される。科学誌ニューロン最新号に掲載された。グループは、筋肉の新生や機能の維持に重要な役割を持つホルモン「IGF―1」が脳神経にも作用することに注目。しかし、血管と脳の間には「血液脳関門」という関所があり、このホルモンが脳に取り込まれる仕組みは謎だった。

 ラットの実験で、ヒゲを刺激すると神経活動が活発になる脳の部分だけに、血中からIGF―1が移動することを確認。神経活動が高まり、脳の血流量が増えることが引き金となり、特殊な酵素がIGF―1の分子を小さくして、脳の関所を通りやすくすることも突き止めた。征矢教授は「脳の神経活動そのものが強力な栄養素を取り込み、さらに脳機能が強化される好循環を生む」としている。』

脳の働きは、まだまだ謎の部分が多い。
しっかりと勉強せねば。

d0125551_2320093.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2010-09-12 23:20 | 健康

驚異の再生医療(らばQより転載)

らばQの驚きの最新治療をご覧ください。

再生医療についてのトピックスです。
もうすでに、NHKなどでも放映されたことでご存知の方も多いと思いますが、ここでご紹介します。

最新の再生医療技術によって、人間の切断された指が、トカゲのしっぽのように生えてくるということです。
新しく生えた指は動かすこともでき、感覚もあるということですが、100%元に戻るのでしょうかね?
今までは人間の体は切断されたら、そのまま元には戻らないというのが常識でしたが、これからは「筋肉も骨も神経も再生する」というのが一般常識になる時代が来るのかもしれませんね。

この驚きの医療の主人公は「妖精の粉」と呼ばれる粉末で、なんと、豚の膀胱から作られるそうです。
これを切断された部分につけるだけらしいです。

これを応用して、将来は脊髄損傷の患者のマヒした神経を再生させるということも可能になるかもしれない、ということです。
また、ひどい火傷でも皮膚の再生が行われるかもしれないという。

もしかしたら脳も?
脳梗塞やインフルエンザ脳症や、低酸素脳症・・・など、今までは再生が難しかった症状にもいつか元に戻せる時代が来るのかも。

これはスゴイことですよね。
d0125551_23362216.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2010-09-09 23:36 | 健康

それでもあきらめなかった24の偉人

らばQのサイト

誰でも知ってるビートルズ、ウォルト・ディズニー、エジソン、ヘンリー・フォード、彼らも成功に至る途中で、様々な苦悩に出会っている。
彼らの苦労を簡単にまとめたサイトを見つけたので、紹介します。

ビートルズは、いくつものレコード会社から契約を断られていた。
 ・・・今も多くのファンを持つビートルズ。しかし、成功は簡単ではなかったようだ。

ウォルト・ディズニーは新聞社で編集長から解雇を告げられ、「彼は想像力に欠け、よい発想は全くなかった」と言われた。ディズニーランドを建てる前に何度も破産。
 ・・・今や世界中で知らない人はいないというくらいのディズニー。それが、想像力がなかったと酷評されていたとは。

発明王エジソン。彼は小学校の教師に「学習する知能がなさすぎる」と言われ、仕事は2度「生産性がなさすぎる」と解雇され、電球の発明に1000度の失敗があった。後にインタビューで記者に「1000回失敗したという気持ちはどういうものですか」と尋ねられ、「1000度の失敗をしたわけではない、1000のステップを経て電球が発明されたのだ」と答えた。
 ・・・さすが、エジソン。いい言葉だ。

ヘンリー・フォード(フォード自動車創業者):自動車会社が成功するまでに7度の失敗、5度の破産をしている。
 ・・・偉大な人は、人よりも大きな苦悩に直面するのだろうか。

偉人たちの失敗談は、平凡な我々に勇気を与えてくれますよね~。

「成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。」
"Success is the ability to go from one failure to another with no loss of enthusiasm." 
─ ウィンストン・チャーチル

失敗をしても、やり直せばいいじゃないですか!
日本人は自殺が多い。失敗してもやり直そうという気持ちを持とうじゃないですか!
[PR]
by ostetokyo | 2010-09-09 08:20 | あれこれ

メタボの身体、作り変えの時!

 私、昔はテニスをやってましたので、一応、スポーツマン(でした)。

非常に体が柔らかく、立った状態から後ろに反り、頭でゆっくりと着地、ブリッジを楽々できていました。
座位で開脚し前屈すれば、胸が床にかなり近くつきました。
立位開脚でも、かなり下肢が広がりました。
肩も肘も手首も全部が柔らかかった。

足も速い。持久力もある。
短距離でも中距離でも自信がありました。

体重は63kgくらいで、ガリガリに痩せていました。

ところが、大学卒業後はテニスもしなくなり、ろくにストレッチをしなくなると、体はだんだんと硬くなり、そこにスポーツをしていた頃のように食べるから脂肪がつきまくり、体重が最高で79kgまで増えました。
ここ10年くらいは77kg~79kg弱あたりをうろうろ。

今や、何をするにも心臓や筋肉に急に負荷をかけない方がいいのでは、テニスを急にやったら肉離れ起こすんじゃないか、なんて状態になってしまいました。

これはいかん!自分を変えなければ!

で、一念発起しました。
体を作り変える!
重い、太った体ともサヨナラする!
んで、昔のスリムな自分、軽い自分に戻る!

てなわけで、この夜中(0:30)に、これからジョギングしてきます。脂肪燃焼~!

中年オヤジ、どこまで続くか?
(下の画像はもちろん自分ではありません)
d0125551_0305886.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2010-09-03 00:29 | あれこれ

夏休みも終わり

子供たちの夏休みも終わり。
本当に暑い夏でした。

昨日、8月31日は、自分の休みと重なったため、子供たちを連れて市民プールへ。
流れるプールで子供を背中に乗せて泳いだり、炎天下の中、楽しみました。

プールの準備、自転車での行き帰りの時間、泳いでいる時間、全てが楽しい思い出の一こまになりました。

思えば、このF市の流れるプール、自分が子供時代に当時住んでいたK市から自転車で多摩川沿いに走り、友だちと泳ぎに来たものです。
その当時とほとんど変わっていない。
親子二代にわたり、思い出の場所になってます。

このささやかなひと時。
お金では買えない、楽しい時間を楽しみました。
[PR]
by ostetokyo | 2010-09-01 04:17 | あれこれ