オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・新宿区 飯田橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

お気に入りブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

人気ジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テネモス・ノート

d0125551_12534549.jpg

 去年から一般財団法人テネモス国際環境研究会という団体の活動に興味を持っている。

昨年、その団体を知ってから、その団体が紹介しているペットボトル空気清浄機を作ってみたりもした。
あの空気清浄機はかなり効果がある気がしますよ。

また、テネモスの焼き塩にもはまっていて、よく焼き塩を作ってそれをお湯に入れて飲んでます。
すると、胃腸がスッキリし、元気になる感じがします。

そんなわけでテネモスにはまっているから、しょっちゅう関連する団体や個人のHPを見ているのだが、今回は菅原さんという方のテネモス・ノートのご紹介。

非常にわかりやすいPDFです。
簡単に使え、かつ非常に良い結果が出るというのはいいですよね。

私はこういう自然の知恵を利用した考え、方法が大好きなんです。
まずはご覧ください!
[PR]
by ostetokyo | 2012-02-28 12:54 | 自然派生活

広汎性発達障害のお子様の発達が顕著に!

d0125551_23333051.jpg


先日、この1年半ほどオステオパシーを受けているka●君のお母さんが感想文を書いてくださったので、ご紹介します。

 「オステオパシーの施術を受けて」

 「2010年の夏から、石原先生の施術を受けています。
息子は広汎性発達障害で自閉傾向があります。知的障害、言語障害もあります。
他にも滲出性中耳炎、便秘、カビアレルギー、触覚過敏など、身体に不調がかなりありました。

きっかけは、同じ障害の子を持つお母さん友達からの紹介でした。
息子さんが1年半、石原先生の施術を受け、発語が伸びた、という言葉を聞きました。
当時、私は息子が3歳半で、まだ2語文しか話せない事が気がかりでした。
ここへ通い、発語が伸びてくれたらという思いで、先生のところへ通い始めました。

 第一回目の施術を受けて、すぐに効果を感じました。
癇癪持ちの息子が、とても穏やかになった事です。
先生のところからの帰りに、手先が不器用な息子が一人でキャラメルの紙をはがし、キャラメルを口に入れて食べていた事が大変印象に残っています。
初回に先生の顔の写真を撮らせていただきました。家のリビングの写真カードの中から、息子が先生の顔写真を私に持ってきてくれ、また石原先生のところへ行きたい、オステオパシーを行きたいとアピールした事も、驚きでした。
本当に息子は先生の施術を受け、気持ちがスッキリし、気持ち良かったのだなと思いました。
息子が行きたいなら、一生懸命オステオパシーを受けようと、私は心に決めました。

 半年ほどしてからは、滲出性中耳炎が良くなりました。
毎日、朝晩と薬を飲んでいました。いつも鼻水が垂れていて、イライラしていましたが、それもなくなりました。耳が聞こえるようになったようで、息子の発語の伸びを感じました。
2語文から4語文の会話を始め、周囲の方々が息子の成長を口にしてもらえ、嬉しい日々が続きました。

 1年ほどたち、カビアレルギーが落ち着いてきました。
特に冬は息子の肌は乾燥し、炎症が酷くなるため、常に軟膏を持参し、皮膚科へも良く通っていましたが、今年はボディークリームで乗り切れる事ができました。
息子は言葉で、何処が痒いなど、具体的な事を言えるようになり、軟膏やクリームを塗る場所が分かるようになったことが、喜びでした。

1年半が過ぎてからは便秘が改善されました。通い始めた頃、息子は浣腸で排便をしていました。
排便のリズムがつかめずにいました。今は毎日夕食前後にキチンと排便が出来るようになりました。

 知的の面も発達しました。一昨年は療育先の試験で5点満点中、0.4点という結果でした。
療育先で一番点数の低い息子でしたが、昨年は2.4点まで点を上げてくれました。
3点の点数が取れれば、小学校の間は普通学級で健常児と過ごす事を視野に入れて良いそうです。
4月から、息子は幼稚園の年長さんに上がります。来年の小学校選びの選択幅が広がった事で、息子の将来を以前よりは期待できるようになりました。

 先生のところへ通い、息子が大変明るくなりました。
子どもらしい顔つきになり、良く笑うようになりました。
息子の笑顔が輝いています。言葉の面は、口喧嘩や、冗談も言えるようになりました。
石原先生には息子の相談に乗っていただき、息子の様々なトラブルを改善して頂き、本当に感謝しています。」

お母さん、大変詳しいご報告をありがとうございました。
ka●君は最初は2語文しか話せなかったなんて信じられないくらいの成長ぶりです。
それに療育での点数が0.4点から2.4点まで上がったというのも、素晴らしい!

お子様の成長と、そしてご家族の喜びが増えている事が、私にとっても喜びです。
[PR]
by ostetokyo | 2012-02-27 23:47 | 障害を持ったお子様

成功、名声、そして・・・。

d0125551_1564170.jpg

 先日、あのホイットニー・ヒューストンさんが亡くなった。
享年48歳。
自分のたった一つ年上だったという事に驚いた。
ということは彼女は非常に若くしてあれだけの成功を収めていたのだ。

本当に類稀な才能、声量、美貌。
あれだけの才能の持ち主はそう簡単には現れないだろう。

「Saving All My Love for You」や「I will always love you」は本当に素晴らしい曲だった。

しかし、その才能の持ち主も実生活では恵まれていなかったようだ。
夫からの暴力、麻薬、アルコール、そして離婚。
その後も麻薬やアルコールを断ち切る事ができず、生活が乱れていったという。

マイケル・ジャクソンさんが亡くなった時も思ったのだが、成功や名声を得るということは、想像もできないほど精神的・肉体的・社会的にも好ましくない影響を受けるんだろうな。
それは家族をも巻き込んでしまう。

幸せってなんだろう?
成功ってなんだろう?

今この一瞬を幸せに思えるようにしないといけないな。
と思う。

人生についてちょっと考えちゃったりしました。
[PR]
by ostetokyo | 2012-02-17 01:58 | あれこれ

エドガー・ケイシー

d0125551_11105313.jpg
 エドガー・ケイシー(1877-1945)という人物を知っていますか?

私は、上の写真の「超人 ケイシーの秘密」という本を大学生の時に読んで以来、ケイシーに関心を持ち続けてきました。
(ケイシーについてはNPO法人 日本エドガー・ケイシーセンターのホームページで彼の業績や情報を知る事が出来ます。)

ケイシーの一番の功績は、難病のために治療が難しいとされた多くの人たちが彼の「リーディング」によって救われていったという事です。(必ず完治するというわけでもなかったようですが、それでもかなり状態は良くなったそうです。)
それも、現代医学でもなかなか治せない疾病や障害を持つ方々です。
例えば、てんかん、乾癬、がん、脳性まひなど障害を持つ方うつ病、リューマチ・・・など。

ケイシー(の潜在意識又は超意識)は患者が世界中のどこにいようとも、その身体を透視し、病気の原因を探り、治療プランを教え、生活の細かい点まで指示をできたという事です。
その診断力や治療の組み立て方、生活全般に対する指導などは本当に素晴らしいと思います。
かなり勉強した医者でも太刀打ちできないほどの内容ではないかと思います。
勿論、私もできません。

どれだけ素晴らしいかをお伝えしたいので、リーディングの一例をご紹介します。
(ケイシーセンターのHPからコピペさせていただきました。)

ケイシー:「よろしい、われわれは[567] を捉えた。
この人は前に見たことがある。われわれの見るところ、前回見たときと較べて、この人の全体的な肉体状態には改善が見られる。
交感神経系と脳脊髄系の間の不協調が神経と筋肉の収縮を引き起こし、それによって意識的な協調が失われるような時および所では、今でもそのような反応があるが、そのようなことが起きる回数は減りつつあり、また、重篤度も軽くなりつつある。
しかしながら、いまだにそのような反応が起きていることは確かだ。
これは、多少なりとも体質的な状態になってしまっているが、それでも――この人の状態の変化に合わせて、われわれがこれからときどき与えるであろう指示を辛抱強く実行するならば、それを克服することができるだろう。
というのも、この状態はきわめて微妙な性質のものであるからだ。
有力な原因と呼べるようなものは、これまでもあったし、現在もあるが、これらは変わってきた――その時々でその状態に自らを適合させる身体組織が、そのようなもの(有力と思える原因)を作り出すのであり――身体組織は自らを別の仕方で表現しようとするのである。
しかし、全体的な状態は改善に向かっている。辛抱強く、一貫すること。
そうすれば、われわれはこの人からこのような状態を取り除くことができるだろう。
これまで述べ、示してきたように、頸椎1番(環椎)のところの軸椎(頸椎2番)、つまり頸椎の1番と2番のところに、特別な注意を要する状態がある。これは――首をねじるというようなやり方ではなく――正しいアライメント(並び)になるように、頭で体を引き上げるような形で行うことが必要である。
これは、もちろん、それ以前と較べて、現在はそれほど大きくズレてはいない。頸椎と腰椎下部の調整を行うにあたっては、指示したように、この人を腹ばい(うつ伏せ)にし、そしてこの人の右側に立ち、拳(こぶし)あるいは手を使って、左側に向かって、そして下に向けて圧迫を加えることが望ましい。よろしいかな?
ここの神経叢と神経節からの放射が、盲腸と乳び管に収縮を引き起こしているのである。
われわれの見るところ、この人の食事と活動は、この人[567] の全般的な状態と大いに関係している。
これらはについては、これまで指示してきたやり方を守る必要がある。
現時点では、これを次のように修正する。どんな状態であっても、真のてんかんの場合は、乳び管と盲腸の間の部分に冷えた箇所が見出される。
戸外における肉体活動を終えて休んでいる午後に、1日おきにこの部位にヒマシ油パックを、少なくとも1日2回施すこと。
パックはこの人が耐えられる限り熱くする。そのパックが冷えるか冷たくなるまで、そこに当てておく。
そして次のパックを行う――直接皮膚の上に当てる。3重にしたフランネルをヒマシ油に浸し、それを直接皮膚の上に当てる。毎回の施術で、2回目を行う時には、これを温め直すか、熱いオイルを使う。
ヒマシ油パックは、肝臓の下部から臀部の上部に達するように行う。
これによって、乳び管や盲腸、結腸(上行結腸)の中のリンパ管に存在する傾向が解消されるだろう。
その傾向とは、収縮傾向と、肉体の神経の諸力に対する不調和を生み出す状態を助長する活動力の傾向である。
これを実行せよ。喫煙や噛みタバコ、飲酒などによって、強い刺激を与えすぎないように注意せよ。
むしろ、もっと戸外で活動するようにし、良い汗をかくくらいしっかり仕事をすること。
そして、毒素と状態の合併を取り除くために、体から汗を擦り取ることが必要である。これは体を助けるだろう。」


いかがですか?
かなり専門的ででしょう?
興味深いと思いませんか?

現代医学でも治せない病気は数多くあります。
私は、どんな情報から得られたものであれ、良いものであれば、よほど危険がない限り何でも試すべきだと思っています。
特に難しい病気の場合、諦めることなく何でも試すべきだと思います。

いわゆる民間療法にも素晴らしい方法は沢山あるんです。
例え医学的に解明されていない方法であっても、効果がある方法がある。
それは害がない限り、試してみるべきだと思います。

また、アメリカのケイシーの団体は宗教団体ではなく、日本のエドガー・ケイシーセンターもNPO法人で公的な認可を受けている団体ですしあやしいものではありません。

ケイシーのリーディングには実生活に活かせる内容も豊富にありますので、興味を持っていただければ幸いです。
[PR]
by ostetokyo | 2012-02-14 14:32 | あれこれ

今日はお休み。

d0125551_234553.jpg

 今日は定休日でお休みでした。

家でのんびり~。(^o^)

少し頭が痛い感じがしたので、自分で頭に触れてリリース。
あとは昼寝したら良いだろう!と少し横になりました。

今朝は私が住む多摩東部を震源とする地震(震度2程度)がありました。
よく週刊誌などで話題に上る立川断層の地震に結びつきませんように。
と言っても、いつかは来るんだろうから心の準備と防災の準備しなきゃね!
[PR]
by ostetokyo | 2012-02-07 23:04 | 自分の事

仕事や学業成績アップのためにオステオパシー!

d0125551_11554263.jpg


皆さんの脳は完全に最高のパフォーマンスを発揮しているでしょうか?
「私は大丈夫」。本当でしょうか?
以下のような事を感じませんか?
 ・すぐ疲れる
 ・疲れが取れない
 ・集中できない
 ・頭が重い
 ・頭の中に暗い雲がかかっている
 ・ボーっとする
 ・気持ちが落ち込む
 ・失敗が多い
 ・明るい未来を想像できない
 ・記憶力が悪い

日々、そんな体験をしていませんか?
そんなあなたにはオステオパシーの頭蓋骨調整が必要です!
 皆様、頭蓋骨の調整は「すべての人」に必要です!
皆様は脳・身体の不調のために、人生において大変な損をしている可能性があります。

 私はよく、人間の身体を「整備不良の車」に例えて説明します。
皆さんの身体はキチンと整備しさえすれば、時速100キロのスピードが出るとします。
高速道路などで走れば一時間後に100キロ先まで進めるはずです。

ところが整備がキチンと出来ていないがために、時速30キロしかスピードが出ないかもしれません。
ある人は時速50キロしか出ないかもしれないし、70キロしか出ていないかもしれません。
つまり、本来は一時間後に100キロ先まで行けるかもしれないのに、30キロ先、50キロ先、70キロ先までしか行けない事になります。

おまけにすぐに不調になり路肩やパーキングエリアに車を停め、JAFを呼ぶなどしなければいけないかもしれません。

これを仕事や人生に置き換えるとどうなりますか?
勿体ないと思いませんか?

整備をする事によって、かなり皆様の業績やパフォーマンスが変わります。
その整備の方法がオステオパシーです。
特に、頭蓋骨を含む身体の調整をし、脳や中枢神経系の機能を高める必要があり、
オステオパシーはそのお手伝いを効果的に行います。

d0125551_11545247.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2012-02-06 11:56 | オステオパシー