オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

News!! 出張治療を開始! オステオパシーをあなたの地域へお届けします。

d0125551_1133621.jpg


【News!!地方出張を開始します。2012年11月~】

 これまでは、地方から東京に上京していただき、施術をさせていただいておりましたが、上京するだけで交通費、宿泊代、お食事代、施術費などで大変なご負担になることが課題となっていました。
今までも関東地方は元より、遠くは北海道や青森県、九州や大阪からもオステオパシーを受けに来ていただいておりました。

 そういった状況をとらえ、この度、日本各地への出張治療を開始することにいたしました。

10名ほどの希望者が集まれば、ご相談の上、伺います。
※セラピーの料金に交通費、会場費、場合によっては宿泊代等が上乗せされます。

お問い合わせは 090-6163-6098
Mail ostetokyo@gmail.com
[PR]
by ostetokyo | 2012-10-29 11:05 | オステオパシー | Comments(0)

頭蓋仙骨療法を世界に広めたDr.John Upledger先生が本日お亡くなりになられました。

d0125551_23563433.jpg

本日、「頭蓋仙骨療法」(CST)を世に広めた、Dr.John Upledger先生がお亡くなりになりました。

[以下、Upledger Instituteからの発表]
Sadly, this morning, October 26, 2012 Dr John Upledger passed away and has begun his next journey. The family is grieving right now and our thoughts and prayers go out to them. Dr John has made such an incredible impact on so many and we are honored to continue to support his work and carry it forward. We will post information about his memorial service when more is available.

 本当に残念です。
自分も22年前、最初に頭蓋骨の調整を習ったのは、アプレジャー先生の「頭蓋仙骨療法(CST)からでした。
必死に先生の本を読んで学び、頭の動きが全くわからなくても頭を触り続け、触診能力を鍛え、先生のところに手紙を書いて渡米もしました。
フロリダのCSTの会場で先生に直接お会いし、「どうすれば先生のように障害児の治療をできるようになりますか」と尋ねましたが、先生は穏やかに「治療に近道はないよ。まずは大人の頭から始めて頭の動きをわかるようにし、段々と小児、乳児に挑戦しなさい。」とおっしゃいました。
あの日、オステオパシーの歴史に残る偉大な先生に、直接にお話を伺えた事、それが誇りでした。

 先生は、オステオパス以外に頭蓋仙骨療法を教えたことで、他のD.O.から相当な非難を浴びたと聞いています。
でも、アプレジャー先生がCSTをD.O.以外に開放したことで、世界中で障害を持つ子供たち、体調の不調を訴える人たちが救われたことは間違いのない事実です。
自分も先生によって人生を変えることができたと言ってもいいくらいです。
本当に先生に感謝しています。
ありがとうございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by ostetokyo | 2012-10-27 00:25 | オステオパシー | Comments(0)

自閉症のお子様に対するオステオパシー、最近の症例

d0125551_19553275.jpg

A君は3歳男児で、言葉の発達が遅く、こだわりが強い。
そしてかんしゃくも少し強い子です。

今年9月から月二回ずつオステオパシーを受け、段々と変化が出てきましたとのご報告を受けましたので、ご紹介させていただきます。

簡潔に列挙しますと、
(一回目終了後)
・指示が良く通り、以前より言葉を理解できるようになった。
(二回目終了後)
・指先が少し器用になってきた。
・興奮して騒ぐ事が以前より少なくなった。
・オモチャのプラレールを自分で初めて操作しようとした。
・療育の先生や他の大人にも甘える素ぶりを見せるようになった。
(三回目終了後)
・苦手な食べ物を食べられた。
・座っていられる時間が増え、他の子が立ち歩いていると、逆に指をさして教える事があった。
・外に出る事が苦でなくなってきた。(ご両親)

A君はまだ四回しかオステオパシーを受けていませんが、確実に変化してきています!

勿論、発達の遅れを完全にクリヤーできるという訳ではないかもしれません。
でも、お子さんの落ち着きが増し、言葉の理解が増えると、ご両親の心配も格段に減るんです。
指示が理解できるようになり、子供も気持ちを表せるようになると、親子の絆も深まるんです。
そこに計り知れない価値があるんです。
[PR]
by ostetokyo | 2012-10-24 19:10 | Comments(0)

新しい観葉植物が届きました。

新しい観葉植物がさっき届きました。
やはり植物が大きいと良いな。

d0125551_1962344.jpg

[PR]
by ostetokyo | 2012-10-05 19:04 | 自然派生活 | Comments(0)