オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

てんかん発作(ウェスト症候群)のお子様の脳波が変化した画像

てんかん発作(ウエスト症候群)のお子様の発作が全くなくなり、医療機関での脳波検査でも、てんかん波が消え、左右の脳の活動所見に異常が見られなくなったという医師の診断が出たという事を以前に書きました。

今回はそのご家族が撮影していた脳波の画像を紹介します。

以下の画像はご家族からご提供していただき、ブログやホームページへの掲載の許可もいただいているものです。
御協力、ありがとうございました。

d0125551_13310093.jpg

d0125551_13310133.jpg

上の2つの画像が2015年10月の頃だそうです。
薬を三剤使い調整中でしたが、脳波の乱れ、てんかん波はハッキリ出ていたそうです。

d0125551_13310166.jpg

そして、これが2016年7月の脳波です。
見た目にも波の乱れが少なくなっているのがわかります。
このお子様は2016年5月からオステオパシーを受け始めました。
つまりわずか数回のオステオパシー施術で、驚きの結果につながったのです。

ご家族も、ごく短期間での劇的な変化に驚いていらっしゃいました。
毎日のてんかん発作があり、調子が悪い時は一回の発作が40分も続く程の状態だったのが、オステオパシーを受け始めてから劇的に発作が減っていったとの御報告を受けました。
また、夏の台風シーズンでも発作が起きる事はなく、現在まで良好な状態です。

お子様だけでなく、ご家族の心配も格段に減り、本当に喜んでくださっています。
日々の生活も以前とは全く違うそうです。

手で頭や身体に触れ、調整していくオステオパシー施術は素晴らしいと思います。
「頭蓋リズム」とオステオパシーが呼ぶ、脳と頭蓋骨の呼吸のような微細な動き。
これを盛んにさせる事が、脳の健康状態にとって、とても重要なのです。
その動きを手で感じ、調整し、脳を元気にさせる方法がオステオパシーにはあるのです。

現在、私はスティルアカデミィジャパンというオステオパシー専門校で、2ヶ月ごとにフランス・リヨンから派遣されるフランス人講師から直接、より高度なオステオパシーを学びながら施術をしています。
今後も更にオステオパシーの技術を学び、皆様に貢献していきたいと思っています。


[PR]
# by ostetokyo | 2017-01-06 08:30 | 障害を持ったお子様 | Comments(0)

今日から4日間、スティルアカデミィジャパンで勉強です。

d0125551_23300811.jpg

昨夜は静岡県からの出張から帰ったのが1時過ぎ。
驚くほどの土砂降りの中での運転で、疲れて帰ってきた。

しかし今朝はそれでも早起きしてシャワーを浴びて、オステオパシーの学校へ。

今日はレントゲン学で9時から授業開始で夜7時までみっちり学びました。

レントゲン画像を見ると、人間の身体構造はとても複雑で、個人個人で違いがあり、解剖図のようにキレイに揃っているわけではない。

脾臓は解剖図で見るより大きく感じるし、膵臓はまっすぐではない。横行結腸は人によってかなり長さも曲がり方も違う。
レントゲン学はかなり重要な授業だとよくわかる。
今日も沢山学ぶ事ができました。

レントゲン学は好きな授業の一つなので、昨日の疲れもあまりなく、今朝の早起きもあったにも関わらず、授業中も眠くならず、実に楽しく一日を過ごせました。

明日も6時半には家を出なければ。
明日からの3日間、また楽しく勉強してきます。
[PR]
# by ostetokyo | 2016-12-23 22:47 | Comments(0)

昨日は富士宮市に出張。とても良い御報告をいただけました。

d0125551_08053847.jpg


おはようございます。
昨日は富士宮市に出張してきました。
天気はあまり良くなかったのですが、良い結果が出たお子さんたちがいたので、ご紹介します。

前回の施術の時、頭の中で温泉が湧いたかのように、血流が増し、頭がポカポカになったお子さんがいました。
今回もそのお子さんが受けにきてくれたのですが、その後のお子さんの様子を聞くと、かなり変化が見られたようです。
・いつもより落ち着いていた
・身体の緊張が減り、筋肉の硬さが減った
・テストの点数が上がった。しかもそれが持続していた。
という嬉しい御報告をいただきました。

それからもう一つ。
半年前から受けにきている、来春に一年生になるお子様の話。
お母さんから最近のお子さんの様子を聞くと「良すぎてしまって」005.gifという、こちらも驚くような事を言われました。
良すぎるって、何か悪い事でも起きたのかな、と思いましたが、違いました。
オステオパシーを始めた半年前は支援学級に通う事を考えていたのですが、ドンドン落ち着きが増し、できる事も増え、字も上達し、発達相談の先生からも「普通学級で良いかも」と言われ、急遽、進路相談で普通学級行きを相談し始めているそうです。
良い意味での予想以上の出来事という事でした。
これも、とても嬉しい御報告でした。😊

昨日の帰り道は暴風雨で、竜巻注意報まで出るような悪天候だったのですが、良い御報告を2つもいただけたので、気持ちはとてもハッピー。003.gif

勿論、どのお子様でもこのような結果になるわけでもないです。
今後とも研究を重ね、施術の精度を高めて、より多くのお子様の健やかな発達のお支援できるよう、頑張りたいと思います。
[PR]
# by ostetokyo | 2016-12-23 07:31 | Comments(0)

アウトドアも必要。

d0125551_20585778.jpg

皆様、こんにちは。
うちのオフィスは飯田橋にあります。
周りはやや高いビルが沢山あり、窓の外の景色はやはりビルで、ベランダから左を見ると高速道路が通り、右を見るとやはりビルだらけです。
都会ですからね。

こういう所で仕事をしていると、無性に田舎に行きたくなります。
自由に焚火をしたいな〜。
星空を眺めていたいし良い空気を吸いたい〜。

そのうち、土日は田舎のどこかで一泊二日できる場所でオステオパシーをするかな。

そうだ、今日、農大林学部の卒業生の女性(つまり後輩にあたります)がオステオパシーを受けに来てくれました。
学生時代の測量実習で山の中の林道を測量した話などで盛り上がりました。
大学3年?の確か3月の群馬県の妙義山で測量実習をしていた際、山から降りていく凍った川があったんです。
そこで僕が間違って測量用の紅白のポールを落としてしまい、遥か下、数十メートルも「カンカンカン」と音を立てながら凍った川を測量ポールが落ちて行ってしまい、仕方なくソロリソロリと周りの草を掴んだりしながら凍った川を降りて行って測量ポールを取りに行きました。
下手したら自分が凍った川を滑り落ちて行ってしまいますからね。
あの時は怖かったな〜。003.gif
そんな話をしてました。

話はそれましたが、自然の中で活動する事は楽しいもんです。
たまには自然の中でリフレッシュしましょう‼️

[PR]
# by ostetokyo | 2016-12-09 10:35 | Comments(0)

ストレスは脳を疲れさせ、頭をガチガチにさせている?

d0125551_11410002.jpg

人間は適度なストレスは必要であるとも言われていますが、ある程度以上のストレスがかかり続けると、やはりキツイものがありますよね。

そしてある一定レベル以上にストレスが溜まると、さすがに脳も緊張で疲れてきます。

すると、活発であるべき脳の呼吸のような運動(オステオパシーでは第一次呼吸と呼んでいます)も減少し、脳の活力も落ち、頭蓋骨が硬くなる、そんな傾向があるように思います。

ですから、そうならないように、現実的にストレスを減らす方法も複数持っていた方が良いかなと思います。

ストレスを減らす方法としては、
・誰かに自分の自分の不満や不安などのストレスを聞いてもらう
・仕事以外の好きな事を行う
・多忙な業務自体がストレスの元であるなら、仕事の仕方を変え、業務がスムーズに動くように工夫する

まあ、様々な方法が巷には沢山紹介されていますので、ネットでも検索してみてください。

あと、オステオパシー‼️
良質のオステオパシーの調整を受けると頭がスッキリし、前向きになれます。
頭も整理しやすくなり、結果的にストレスを解放する手助けになります。^_^

ビジネスマン、家庭の主婦、受験期の方など、ストレスの解放に是非、オステオパシーをお試しください。



[PR]
# by ostetokyo | 2016-11-30 09:00 | オステオパシー | Comments(0)