オステオパシーというアメリカ生まれのソフトな整体。顎関節症、頭痛、首肩コリ、腰痛、自律神経失調、睡眠の悩み、発達の悩みなど、ご相談ください。東京・中央区・日本橋


by ostetokyo

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
オステオパシー
オステオパシーの学校
障害を持ったお子様
健康
顎関節症
施術方針
自分の事
あれこれ
自然派生活
未分類

リンク

フォロー中のブログ

湘南・茅ケ崎で整体・マッ...
オステオパシー整体院 H...
毎日がエドガー・ケイシー日和

ライフログ


いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力

その他のジャンル

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
美容・健康

画像一覧

アーユルヴェーダ ~生命の科学~

 今日は、アーユルヴェーダについて。
アーユルヴェーダは、インドの伝承医学です。
世界的に見ても、最も最古の医学といえるでしょう。
身体と心、魂までも扱う医学であり、現在のホリスティック医学に近い医学であると思う。
食事療法や薬草学、オイルマッサージ、指圧のようなマルマ療法、ヨガのような体操法、瞑想、その他人間に必要なあらゆるものがアーユルヴェーダには含まれている。
オステオパシーとアーユルヴェーダを組み合わせると、非常に素晴らしいものができるのではないだろうか。
私がアーユルヴェーダを知ったのはもう20年くらい前だが、奥が深いので、まだまだ勉強が必要だ。しかしオステオパシーもそうだが、アーユルヴェーダも一般の人に優しい自然医学だからこそ、いつまでもつきぬ興味が湧いてくる。
正直、現代医学は権威的で自然から遠ざかっているようなところがあまり好きではないのだが、アーユルヴェーダには哲学的または自然信仰的な側面があり、そこが好きなんですね~。

【アーユルヴェーダの体質論】
 アーユルヴェーダは、人間には3つのドーシャ(体液・エネルギー)というものがあると説く。
ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)の三つである。
それらは人により、強弱のバランスが違う。そのバランスの傾向を調べ、体質診断をする。
体格的にはヴァータ優位の人は痩せ型で背が高いか低く、ピッタは中くらいで発達しており、カパは大柄で頑丈、やや肥満しやすいタイプ。

 私の場合は、今は、ピッタとカパが優勢かな?(ピッタ・カパ体質)
ピッタの特徴を挙げていくと、肌は血色が良くつやがあり、温かく油性。髪も細く油性。歯茎に出血傾向。関節はゆるい。血行は良く、食欲は旺盛またはありすぎ。汗は沢山かくが、すぐに引く・・・などと、ほとんど自分の状態とマッチしている。
カパの性質はなんでもゆっくり傾向。睡眠も多く必要で、病気は肺・呼吸器系が弱い。
これも自分的にはマッチしている。
興味深いな~。

 アーユルヴェーダでは体質別に食事法、体操法、日常生活の過ごし方などもあるわけです。
だから施術での診断や、アドバイスにも大いに使えますね。

 そして、今、アーユルヴェーダのマルマ療法がマイブームです。
身体各所のエネルギー・スポットへの指圧・押圧療法で、全身のエネルギー循環を高めるものですから、これとオステオパシーの組み合わせは絶対効果大!です。
[PR]
# by ostetokyo | 2008-04-15 00:42 | 健康 | Comments(0)

オステオパシーによる、障害を持ったお子様に対するボランティア活動のご報告-2

〈4/21、一部、変更しました。)
 今回ご紹介するのは、何回か通ってこられた、あるお子様のお母さんのブログを抜粋したものを、お母さんの許可を得て可能な範囲でご紹介します。
治療とその時の様子や効果など、どのような感じなのか、知りたいという方のために参考にしていただければと思います。

◆第一回目 2008年1月2x日
 太郎(仮名)も特に怖がったり、人見知りしたりせず、落ち着いてべッドに仰向けになり、頭や体や足もときどき動かしながら、でも、驚異的な体勢保持を発揮して小1時間ベッドで先生にやっていただけたのである。
いや~~でも、仰向け姿勢とらせるには、かなりつききっりで母は疲れました。左腕と左肩は筋肉通です。視線集中させるため、右手で太郎の手を握り、左手を眼前でカウントとりなど×何十回? していたので…
こういうことなく、自力でできればハラショーなんですけどね…
そこまで楽はさせてくれません。ハイ。苦笑。
それでも、いくら私が頑張っても太郎がパニクれば話にならないわけで、初めての場所、人、身体接触にもかかわらず、ニコニコと落ち着いてできたのは、えらかったです。
頭蓋の手術で怖い、痛い、という体験をしたのか、その後、この姿勢に関しては極度に恐怖感があるようで、その姿勢をとらされることを異常に忌み嫌っていたため、今回、泣き叫ぶか、拒否ってオステオパシーどころでない騒ぎになるかと、実は戦々恐々としていたのです。
意外や意外にも頑張ってくれ、最後のほうの背骨やら骨盤やら、足、腕といった体のマッサージとなると、うつむいて腕組んだ上に頭なんかのせて、うっとりもんである。
…ジジイか君は??笑
効果のほうは、やっぱり継続していく中で見えてくると思うので、コツコツとマメに通うつもりです。

でも、終わったあと、太郎の頭を触ったら
!!!
と形が今までと違う感じでした。
肉眼ではわからない、手先で感じるビミョ~~~~な凹凸なんですけど…

今晩も洗髪していて、術後の骨の接合部分のガタッというかデコデコっていう手先のビミョ~~~な感触がなくて、スルリと形いい頭蓋~~みたいな感触で、
???とか思ったり。

でもいつも太郎の頭を触っている、ということと、手先の本当に幽かな感触での話なんで、普通の人が漠然と触るには、なんにも変わっていないと感じるとおもうけど…

この矯正を繰り返す中でみえてくるいろんな反応というものがあると思うので、きちんと観察していこうと思います。
西洋医学、それも最新の現代医学で完治できないといわれているもの、根本的な原因とか治療法が確立されていないものについては、何かひとつのことでスッと魔法のように子供が健常児に生まれ変わることはないと思います。
何かをすること、何かを体験させることで、子供の障害や病気からのリスクとか生活上の行き難さが薄まったり弱まったりして、その子が生き易くなることはあると思っています。
その度合いは、それぞれの療育とか(東西洋問わずの)生体へのアプローチとかによって違うと思いますし、そのことを体験するにしても、それを受けた頻度とか時期とか、量とか、さまざまな条件によっても更に違ってきます。

私は、今、自分が親子で体験する全てのことに対して、それぞれのことで何パーセントかずつでも上向き効果があれば、それでラッキー。
それが積み重なって、子供の認知とか、知能とかがあがったり、他の子供たちと言語で少しでもスムーズにコミニュケーションとれたらハッピー。
なこととして考えます。

過度な奇跡を求めません。
黒がある日突然、何かのことで白にひっくり返るような…
1つのことをしただけで、劇的に子供ができるようになるとか…
でも、コツコツととりくんだ先の集大成として、結果、あの太郎がこんなことをしている、言えている?!相対的な奇跡は起こりうると思っています。
今回のオステオについても、ヒョッと思いつきで行ったように見えますが、そうではありません。
二年以上前に、すでにとある方から情報は頂いていて、自分としても、調べたり、どこに行こうかと探したり、迷ったりしてはいました。
この時期に違う方から、情報が飛び込んできたのは、時期がきたよ~と背中を押すいい機会であったにすぎないと思っています。
頭蓋もそれなりに骨ができ、オステオを受けることに非常な不安をもってのぞむこともなく、無理のない範囲で調整していただくことができそうです。

◆第二回目 2008年2月1X日
 この金曜日に二回目のオステオを受けました。
私の指先の感触というか感覚でしかいえないのですが、頭蓋の形がかわってきたのがわかります。
なんというか、手術してエイッと広げてもらったところがガタガタという触感だったのが、ツベツベしてきたというか…
頭の形も全体的にシュッというかツルッというか綺麗というか…
あくまでも私の感触の範囲ですが…
あと、おなかを触られるのが極端にくすぐったがるのとか、右耳だけはほじるのに過敏とか、そういうのも神経過敏につながっていそうな…

落ち着きなく動き回るのも、自己刺激で手ずくなするのも、何かしら神経を刺激していたいからであって逆にいうと、神経的に満足させられていないのかな~~と思います。
なのでちょっと異質なまでに反復継続運動をして神経を刺激し続けているのかも・・・

脳の世界は本当複雑ですが、訓練や生体へのアプローチでうまく使えない部分を補うよう活性化することは必要です。
ABAのようなスモールステップでの大量試行をコツコツと継続して続け、生活の中でも取り入れ、自閉症児の脳に新しい神経ルートをリハビリ訓練的に作り出してあげるのと、
生理的にある刺激によって脳や神経が活性化する、あるいは新しい回路がつながるというような生体アプローチとこれからも並行して地道に続けていくつもりです。

太郎が動くことはあっても、なんとか小1時間あまりベッドの上だ横になったりうつ伏せになったり仰向けになりながら施術してもらっているのは驚きです。

1年前は、仰向けで20秒が限界でしたから…(頭蓋の3DーCTとるのに…)さらにそれ以前は、薬で眠らせて撮っていましたし…
病院での経験が強烈で仰向け姿勢を極度に怖がり、うちでも術後は歯磨きとか耳堀りに寝てもらえなくなって、本当に苦労してなんとか復活させたのですが、こんなにも長く仰向けができるなんて思えませんでした。
正直、一発勝負で初回は行った感じです。
ここ一年でそれなりに自制や指示への受容ができてきたことも大きいですし、少しずつ生体の反応もかわったのかな~と思うこともあります。

これからオステオが加わって、太郎にどんな変化が出てくるのか、未知数ですが、楽しみにして通っていきます。
ですが、早く太郎が一人で落ち着いて施術してもらえるようになって欲しいものです。

◆第3回目 2008年2月2X日
早朝5時起床…6時には太郎をたたき起こし、6時20分に家をでる。
7時発の新幹線で大宮。8時2分着、8時6分発の東北新幹線に飛び乗り、オステオの先生のところへ…
という生活がこれからしばらく続きそうです。
一度、夜のパターンで試したのですが、夜は、電車の接続が悪くなり、待ち時間のロスで帰宅が23時になってしまうので断念しました。

まだまだオコチャマの太郎は、毎日20時半には就寝なので、このスケジュールのほうがキツイかな~~と思いまして。
前置きが長いですが、オステオ、今回で三回目です。

相変わらず、時々ふざけがはいりますが、こちらがビシッと譲らないでいるとなんとか自制して持ち直してはくれます。
やはり健常児とは違い、終始落ち着いて横になりつづけることが難しいのですが、それでも、私としては、かなり落ち着いて施術してもらっているなーと感心しています。

頭蓋の手術後、気になっていた前頭部と後頭部の間の微妙な凹凸感が随分滑らかになり、頭の形もきれいになったと思います。
具体的な変化としては、これからなんでしょうけど、太郎の課題は言語と出たり出なかったりの波が激しい落ち着きのなさです。
一回一回で、変化があることもあるだろうし、言語のようにポツリポツリの雨だれ式の表出がスムーズになってくるのにある程度の期間がないと見えないこともあるだろうと思いますが…

それでも、施術後にはよく歌を歌ったり、「ポテト食べたい」「枝豆食べたい」という使ったことない言葉でのマンドが出たり、「○○あった~~」とタクトしたり…

驚いたのは、昨日、ABAの実習をセラピストさんとしている間、自立課題としてシール貼りさせていたんですが、ものすごく黙々と集中していたこと、標的をきちんと見て位置を確認するまで目線がずれないこと、貼るべきシールのほうも、以前なら前後左右の位置などおかまいなしに色マッチング的にあっていれば大まかに貼っちゃっていたのが、その日は、きちんとシールの絵柄の上下を確認して、逆さまなのを直してから、貼っていたこと、位置がずれたら、きちんと貼りなおしたこと、

そして途中、貼り間違えたのに気づかずに次をやろうとしてセラピストに
「あれ、太郎、ここ違うのだよ~~」と言われたらば、そのシールをはずしてから台紙をキョロキョロとみて

「あで~~~(あれ~~)どこ~~~?」
とコメントしたことです。

セラピストさんは、何の気なしに「太郎って、ちゃーんとシールの前後とか確認してきちんと貼る位置も確認して外れないように貼ってますよね~~♪」と言いましたけど、

いいえ、こんな緻密な作業できたためしがありません

私が今回みて、
『あれ~~随分、微細なこと気にしてやれているな~~・・』と驚きながら見守っていたくらいですから…いつもはもっといい加減です。

まぐれかと思って、後半のセラピストさんのとき、(当日二回目の実習)シール貼り再度させましたが、同じくきちんと目線といい手先といい、いい反応でした。

実感として、オステオで少しずつ脳の動きがつけやすくなってきたのかな?なんて思います。

あと、蛇足なんですが、もう一人2年まえからかかっている東洋医学の先生とこのオステオの先生が同じようなことを言っていらしたので、驚きつつ、親として今後もいろんなところにアンテナを張って情報には過敏でいたいと思った次第です。

まあ、人とのつながりは縁ですから、太郎はそういう意味で本当に人との縁には恵まれているなあ…といつも思いますけど…

発音が悪いというか、たぶん顔から下の動きも悪いのかもしれません。(舌とか含め)
それも少しでも改善できればな~と思います。

もちろん、リハビリ的な訓練は絶対に必要ですし、それもABA含め、やっていきますけど、こういう生体アプローチで動き易くなる働き易くなるということはあると思うので、今後も頑張って通いたいと思っているところです。

オステの先生も口をあけて中から施術したかったのですが、例のゴム手袋に異常な警戒を感じ(とにかく手袋をつけた格好の人に横にさせられるのは怖がりますね…医者関係、すべてこれですものね。苦笑)その時だけは泣きべそかきました。
すぐ落ち着いてくれましたが…
うちでは、大きな口をあけて、仕上げ磨きのあと、フロスまで一本ずつしているので口をあけて待つことはできるんですけどね……
ちなみに、私が上あごの裏を触ってみたりとか、奥歯なんかを念入りにフロスしている間なんか目一杯、口をあけさせますが結構平気でいますけどね…
うーーーーーーーん、惜しい…

でも、いつか、この先生は、絶対に痛いことしない人だ、と確信もてたときには私と同じように無防備にあけてくれると思いますけど。笑。

頭とか体とかには痛いことしないけど、やっぱり口の中というのは警戒するんでしょうね…笑。

ということで、オステオのほうもいい感じで骨の動きとしては私が主観的に思ってる範囲でも頭蓋の形がかわったなーと思っているので、脳にもいい動きがついてくるといいなあ♪なんて思います。
[PR]
# by ostetokyo | 2008-04-10 19:37 | 障害を持ったお子様 | Comments(0)

私の愛読書

d0125551_1755124.jpg

 たまには私の読んでいる本について書いてみましょうか。
私は人間関係で行き詰まった時に必ず読み返す本があります。
翻訳本で、原題はHow to have confidence and power in dealing with people」といい、昭和33年初版の本で、直訳すると「人々と良好な関係を持つことでいかに自信を持つか」という題なんですが、邦題は「新・人心操縦法」などという誤解をうみかねない題名になっています。
古い本ですが、今でも十分読める本です。
時代が変わっても人間の本質は変わらず、全ての人が自分を大事にしたい、大事にされたいと思っているわけです。
それを基本として相手を大事にする姿勢は、いつの世でも重要なんでしょう。

 これを93年6月11日に古本屋さんで100円で買いました。もう15年前ですよ!
(当時は本には購入した日付を記入する習慣があったんです。)

ボロボロでカバーも切れたからセロテープで貼ってあります。色も茶色に変色しています。
汚らしくなってはいますが、私にとってこの本くらい貴重な本はありません。
この本くらい何度も読んでいるのはありません。何度も何度も読み返しています。

 結局、人間は一人では生きられず、他の人との関係作りが人生の質を決めるんですね。
それをこの本が私に教えてくれています。

人間関係を良好に円滑にすることは、全ての人間の永遠のテーマなんでしょうね。
[PR]
# by ostetokyo | 2008-04-08 17:05 | あれこれ | Comments(0)

オステオパシーによる、障害を持ったお子様に対するボランティア活動のご報告

 障害を持ったお子様に対するボランティアをしてきましたが、現在、非常に多忙になったため、ボランティアでの治療を中止しておりました。
ボランティアをするにも時間が必要となりますので、今の現状ではそれをするには色々な意味で難しくなってきましたので、ボランティアとしての活動は終了させていただくことになりました。

 しかし、オステオパシーの施術でどのくらい変化があったのか、オステオパシーが効くのか効かないのか、恐らく知りたい方がいると思いますので、ボランティアを始めてからこれまでの結果をここで簡単にまとめたいと思います。

毎週通ってこられた方もいれば、二週間に一度だけの方もいました。
地域は、関東の各県から車や新幹線などを使って通ってこられていました。
◆プライバシー保護のため、ごく一部の情報しか公表しません。

・Aちゃん
【おもな症状】昨年、脳炎による後遺症を持つ。幸い重篤な症状ではなかった。
 一回目の施術以降、かなり回復していかれました。
階段の上り下りも手すりにつかまって歩けるようになり、言葉も非常に多くなりました。
ご両親も、オステオパシーを受けてから、かなり回復のスピードが速くなったと喜んでいただけました。

・Bちゃん
【おもな症状】手の動きが悪い
オステオパシーで手の動きは良くなってきたのを確認できました。

・Cちゃん
【おもな症状】てんかん発作を持ち、脳の手術を部分的にしていました。
 ほぼ毎日していた夜尿が、オステオパシーを受けてから、ほとんどなくなりました。
ただ、発作が大きい時は夜尿もあるようです。大きい発作はあるものの、回数は半減したと。

・Dちゃん
【おもな症状】点頭てんかん
一回目の治療後、表情や反応が良くなる。しかし、発作自体は変わらず。(全3回)

・Eちゃん
【おもな症状】点頭てんかん
 発作は変わらずだが、運動能力は向上。(全4回)

・Fちゃん
【おもな症状】軽度の知的発達遅延
 運動能力、体力、会話能力、その他全般的に向上。友達もできるようになる。
手作業なども、以前よりも長い時間できるようになった。
一回目以降、表情がしっかりした。

・Gちゃん
【おもな症状】広汎性発達障害
 言語能力が向上。全般的に以前よりも格段に成長したとのこと。

・Hちゃん
【おもな症状】染色体異常
 食事が口から食べられるようになった。表情が良くなった。

 上記はプライバシー保護のためにかなり曖昧に表現しておりますが、すべてのお子様に、何らかの改善が見られたと思います。

 ご両親にとっても、現代医療に頼るしかなく不安を持たれていたのが、オステオパシーの頭蓋骨を中心とする調整によって、わずかの間に希望の光が見えてこられた方が多かったようなので、その意味でも、ボランティアとしての活動は成功であったと思っています。
[PR]
# by ostetokyo | 2008-04-04 22:14 | 障害を持ったお子様 | Comments(0)

今日のお客様

今日、施術を女性が受けに来ました。
お友達からオステオパシーの事を聞き、受けてみたいと思ったとのこと。
「ボキボキとかしない、自然な方法で治すのが一番ですよね~」と、オステオパシーを選んだ理由を言ってくださいました。
ありがとうございました!

昔の追突事故で、むちうち症の経験あり。
触ってみると、首、肩、背中が硬く緊張しきっていて、ガチガチだった。
立位で頭を触って、リスニング(傾聴)すると、本人の言う通り、特に首や背中、腰などの右側に手が引かれるとともに、体の左前方にも手が引かれたことを告げました。
あおむけに寝てもらって、調べていくと、左の下腹部に何かありそうだった。
そのことを告げると、若いころ、生理痛は必ず左下腹部に現れていたそう。
そこで、内臓マニピュレーションを短時間、行った。
左の下腹部がだんだん、温かくなっていくことがわかります、とのこと。
次に、背中の緊張が強いので、頭部の血流を改善し頚椎の緊張をとり、背中の緊張を解放した。
30分と短い時間ではあったが、明らかに頭から背中にかけて、楽になったようでした。
もちろん、30分では十分じゃないので、次回はもう少し長い時間を選んでいただければ、さらに効果大!です。
[PR]
# by ostetokyo | 2008-04-02 22:10 | オステオパシー | Comments(0)